知的障がい者フットサル日本代表が結成…もう一つのパラリンピック参加

写真拡大

 日本知的障がい者サッカー連盟は、フットサル日本代表を組織して9月20日から27日までエクアドルで開催する『INASグローバルゲームス2015エクアドル』に参加することを発表した。知的障がい者フットサル日本代表が結成されるのは、今回が初めてとなる。

『INASグローバルゲームス』は、国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)が主催する4年に1度開催されるスポーツの世界大会。52の国と地域から代表選手が参加して9競技を行い、知的障がい者スポーツ最高峰の世界大会となっている。日本からは、陸上、水泳、卓球、フットサル、バスケットボールの5競技に代表チームが参加する。

 予選リーグは6チームの総当り戦で行われ、日本代表は現地9月21日にフランス、22日にエクアドル、23日にポーランド、25日にポルトガル、26日にアルゼンチンと対戦。3位決定戦、決勝は27日に行われる。

◯メンバー
▼GK
1 青沼 悠土(あおぬま ゆうと)
2 野崎 将智(のざき まさとも)
▼FP
3 加藤 隆生(かとう たかお)
4 木村 和磨(きむら かずま)
5 徳丸 舜(とくまる しゅん)
6 櫻井 嵩比都(さくらい たかひと)
7 圷 一二三(あくつ ひふみ)
8 山野 満(やまの みつる)
9 浦川 優樹(うらかわ ゆうき)
10 安達 寛人(あだち ひろと)

◯スタッフ
監督 木村 純一(きむら じゅんいち)
コーチ 竹内 博之(たけうち ひろゆき)
コーチ/通訳 吉岡 篤史(よしおか あつし)
コーチ/トレーナー 島田 靖丈(しまだ やすたけ)
コーチ/現地主務 吉野 輝(よしの あきら)
国内主務 柳沢 つかさ(やなぎさわ つかさ)