【第53回:夏巡業】

名古屋場所(7月場所)で
通算35回目の優勝を飾った横綱。
その後は、ほとんど休む間もなく、
夏巡業で全国各地を奔走した。
その充実した巡業の日々を振り返る――。

 35回目の優勝を遂げた名古屋場所(7月場所)が終わって、その1週間後には、長期間の夏巡業に出発しました。おかげで、今年の8月は「夏を満喫したな」と感じています。

 およそ3週間にわたる夏巡業は、8月3日の岐阜市から始まりました。以降、北陸、上越を経て、東北、そして北海道まで行って、帰京。少し間を置いて、東京・丸の内のKITTE場所(8月29日)での巡業を最後に終了しました。

 めぐった土地は、17箇所。思い返してみれば、こんなに長くて、これほど多くの場所に訪れた夏巡業は、私にとっては初めての経験でしたね。

 巡業先では、さまざまな体験をして、それぞれの場所でいい思い出ができました。石川県や新潟県では、新鮮な海の幸を目いっぱい堪能させていただきました。一方、福島県では3箇所で巡業を行なって、いまだ復興途中にある被災地の現状を目の当たりにしました。その際は、復興に向けて、私自身にできることは何か、新たに考えさせられましたね。

 北海道では、札幌市で2日間の巡業が行なわれました。カラッとした空気の中、気分がとても爽快になりました。食べ物も美味しくて、この時期の北海道は本当にいいですね。気候や空気感が、私の母国モンゴルの雰囲気に似ているから、余計に居心地がいいのかもしれません。

 その巡業中、実は足の親指がはれてしまい、1日だけ取組を回避する日がありました。原因はよくわからないのですが、その日の夕方に病院で検査・治療を受けると、すぐに回復。翌日の巡業先では、無事に取組をこなすことができて、ホッと胸をなでおろしました。

 私がかねてから掲げている横綱としてのモットーは、本場所の15日間相撲を取り切ること。それこそが"横綱の務め"だとも思っています。巡業においても、その精神は変わりません。特に地方在住の方々にとっては、大相撲を生で見る機会はなかなかありませんから、その貴重な場をより大切にしたいと思っています。

 ゆえに、巡業中では私が率先して土俵に上がって、積極的に稽古をこなすように心掛けています。そうして、土俵入りや取組を見ていただき、足を運んでくれたお客さま、ファンの方々には「来てよかった」と、少しでも満足していただければと思っています。

 そうしたことについては、今回の巡業が始まる日に、関取衆の前でも話しました。だからというわけではないのでしょうが、巡業に参加した力士たちはみんな、とてもがんばっていました。その結果、どの巡業地にも多くのお客さまが来場してくれました。さらに、日ごとに顔ぶれが変わる握手会でも、連日長蛇の列ができていたそうです。そんな話を聞いて、ファンの方々とのふれあいの大切さを再認識しました。

 何はともあれ、夏巡業にお越しくださった皆さま、本当にありがとうございました。この場を借りて、お礼申し上げます。

 さて、先の名古屋場所について、ちょっと振り返ってみたいと思います。

 おかげさまで、2場所ぶり、通算35回目の優勝を果たすことができたわけですが、初日、2日目は長い相撲の末に白星を得ました。そのため、一部の方からは、「白鵬は力が落ちたのではないか?」などと、評されたみたいです。

 私としては、場所前に十分な稽古を積んできました。決して、体が動いていなかったわけでもありません。それだけに、「力が落ちている」という見解に関しては、正直、「そこまで言われなくてもいいのでは?」と内心では思っていました。

 実際、その後は順調に星を積み重ねていきました。10日目には、その前日にも横綱・鶴竜を破った関脇・栃煌山にはたき込みで敗れてしまいましたが、1敗をキープして千秋楽を迎えました。

 千秋楽、結びの一番では、2敗で追う鶴竜と対戦。相当な力相撲となりました。鶴竜はこの場所、それまで2場所連続で休場していたとは思えないような安定した相撲を取っていました。その実力を、最後の一番でも存分に発揮してきました。

 ただ私は、鶴竜の強さをかなり警戒していました。その分、「負けられない!」と、はやる気持ちもありましたが、たとえ本割で負けたとしても、同星で優勝決定戦に持ち込まれるだけ。「もう一番ある」と考えることで、自分の気持ちを落ち着かせることができました。そうして、1分ほどの長い相撲となりましたが、最後は思い切った相撲が取れて、いい結果につながったんだと思います。

 2場所ぶりの優勝を飾ったあとは、とてもすがすがしい気持ちになりました。「優勝するって、こんなに気持ちがいいことなんだなぁ」と、改めて実感しましたね。

 一方で、哀しい出来事もありました。千秋楽の翌日、モンゴル力士の大先輩である旭天鵬関が引退を発表したことです。

 千秋楽が終わったあと、旭天鵬関には、私の優勝パレードの旗手を務めていただきました。その時点では、まだ引退は決まっていませんでしたが、とても感慨深い思いがありましたね。

 振り返れば、3年前の夏場所(5月場所)、旭天鵬関が37歳で初優勝を遂げたときには、私が旗手を務めてパレードに参加させてもらったこともありました。他にも、旭天鵬関との思い出はたくさんあります。あり過ぎて、ここでは語り尽くせないほどです。

 幕内通算100場所、41歳の幕内力士誕生という記録を目前にして、土俵を去った旭天鵬関。最後まで「幕内力士」にこだわり、自らの美学を貫き通しました。私の中では、引退されたことが、今なお夢だったのではないか、と感じていますが、心から「お疲れ様でした」と言いたいです。

武田葉月●構成 text by Takeda Hazuki