クリス松村

写真拡大

30日放送の「あのニュースどうなってんの!テリー&華丸大吉のほじくりニッポン!!」(フジテレビ系)で、タレントのクリス松村が、2016年1月から運用が始まるマイナンバー制度について怒りを示した。

番組では、生活に関係するが何度聞いても分からないニュースについて、芸能人が怒りや不満をぶつけ、専門家や当事者から直接話を引き出していく。

今回は東京五輪、ゆとり教育、TPP、マイナンバー制度の4つのテーマについて激論が交わされ、クリスはマイナンバー制度について「いいんですか?こんなこと認めて。人権侵害ですよ」「潰せよこんなもの!冗談じゃない。納得できません!」と強い怒りをぶちまけた。

マイナンバー制度とは、国民全員に12桁の個人番号が割り当てられる制度のことで、今年10月から個人への通知が始まり、来年1月から運用が開始される。生活保護の不正受給防止になるほか、国民にとっては各種手続きが簡略化するメリットがあるが、個人情報流出への不安は払拭できていない。

番組では、マイナンバー制度を担当する内閣府大臣補佐官の福田峰之氏が出演。「情報を安全に守れるのか」というクリスの質問に、福田氏は「マイナンバー自体には情報を持たせない。データベースも作らない」「個人データを分散して管理し、必要になったらマイナンバーで個別に呼び出す」と説明した。

しかし、クリスは納得せず、マイナンバーに医療番号や銀行口座番号、クレジット番号などを紐付けさせようとしていると、早口でまくし立てた。

福田氏が、銀行口座を連動させるのは「任意」だと答えても、クリスは「そこが怖いんです。任意って最初は言うんです!」とバッサリ。さらに、藤田朋子も加勢し「デメリットを全部つぶしてからじゃないとメリットの話は聞きたくない」「デメリットは1個でもあったらイヤなの!」と不安を口にした。

これを受けて、福田氏が「セキュリティーはきっちりやりますよ。でも原発じゃないけど、100%安心だとはとても私たちは言えません」と説明。すると、クリスは「100%じゃなきゃ困るんです!」と声を荒げたのだ。

番組アナウンサーが「今日はたくさんのご立腹、そして意見を頂きましたが…」とエンディングに運ぼうとすると、クリスは「あら!これで終わるの?ダメよ」と進行を遮った。そして福田氏を指さして「診察結果はなぜ必要なんですか?」と追求。

クリスは、「国民がみんな理解してこそのマイナンバーじゃないですか。こういう機会をもっと設けて頂きたい。(マイナンバーに)いろいろ紐付けする前に!」と念を押し、番組の第2弾を行うことを約束させていた。

【関連記事】
クリス松村がマイナンバー法改正案に激怒 マツコ・デラックスも呆然
坂上忍がマイナンバー制度の安全性をアピールする甘利明氏に異論を唱える
クリス松村が出演した一般人をオネエと見抜く「ずっと感じるものがあった」