そろそろ夏の食材が終わりになりますが、トマトはまだまだ美味しくさっぱりいただけますよね。食欲がない時やダイエット時にもおすすめなのがトマトを使ったサラダのひとつでもあるカプレーゼ。材料をちょっと変えるだけで、美肌にも効く和風のオカズになりますよ。

カプレーゼってどんな料理?

カプレーゼとはイタリアンサラダの種類で、カプリ島のサラダという意味。薄切りのトマトにモッツァレラチーズを挟み、バジルソースやオリーブオイルをかけたもの。トマトの赤とチーズの白、バジリコの緑が美しく、イタリアンを代表するサラダですね。切って盛るだけで簡単なのにオシャレなので、友達パーティでも大人気。

ダイエットにも◎和風にしてみたら彼にも好評!

トマトなどのナス科のお野菜とチーズは相性が良くて美味しいですよね。でもここでは低カロリー高タンパクと美肌を意識してチーズを豆腐に変えてみましょう。流行りの「濃い豆腐」でも良いですし、お豆腐を味噌漬けにしたものでカプレーゼにしても料亭みたいでオススメです。バジリコの代わりに青じそを使うことで、より和風になり香りや味がグッと引き締まります。冷奴に飽きた人でもこれならドンドン箸が進んでしまいます。

栄養価も申し分なしだからたっぷり食べて

夏野菜のトマトにはビタミンCやビタミンEのほか、リコピンやβカロテンが豊富に含まれています。リコピンは美白や老化予防にも効果があると話題の栄養素。抗酸化作用が強く、体内で作られた活性酸素を除去してくれる働きがあります。お豆腐は大豆から作られていますが、大豆は畑の肉と言われるように高タンパク質で女性には嬉しいイソフラボンが多く含まれています。イソフラボンは女性ホルモンに似た物質で植物エストロゲンと言われるほど。さらに青じそにはビタミンAや鉄分が多く含まれており、神経を鎮める効果や殺菌作用もあるので夏にはたくさん食べたい食材。そしてこれらの食材は全て低カロリーなのでダイエット中でも安心。

安く購入できる食材と、簡単調理、高い栄養素に加えオシャレで美味しい。ぜひともおすすめのレシピです。


writer:しゃけごはん