左から吉本七海、倉永光里、政田夢乃

写真拡大

 8月30日(日)、国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」の出場権をかけた東海クイーンズとジュニア予選会が、新南愛知カントリークラブ美浜コースにて行われた。
国内女子ツアーの特選フォトは「写真館」で!
 その結果、東海クイーンズ優勝の吉本七海(福井工大附属福井高校2年)、ジュニア予選会・高校生の部優勝の倉永光里(大阪桐蔭高校1年)、同・中学生の部優勝の政田夢乃(札幌市立新川西中学校 3年)の3人が、9月18日(金)から始まる本戦への切符を獲得。ジュニア予選会は、高校生、中学生の部いずれもプレーオフの末に優勝が決まる激戦に。3人の選手たちには本戦でも活躍を期待したい。
 以下に3人の抱負を掲載する。
・吉本七海
「ツアーに出るのは初めてです。メチャ緊張すると思うので、楽しくプレーできたらいいと思います。とにかくいい経験になると思いますので、次につなげられたらいい。将来はプロになって世界で活躍できるようになりたい」
・倉永光里
「プロの試合に出るのは初めてです。日ごろから先生方から教わっていることをやりきって、練習の成果を出したい。自分のゴルフは、バンカーが大嫌いなので、入れないようにアイアンの精度は高いです。今は左のラフに入れるよりは右のバンカーに入れたほうがいいと先生から言われ、バンカーショットの練習をしました。今日はバンカーに入れてもいい感じでプレー出来てよかった」
・政田夢乃
「うれしいです。ツアーには1回ニトリレディス(2013年・予選落ち)に出たことはあるんですけど、全然ダメだったので今回は頑張りたいです。自分の得意なのは、曲がらないドライバーとパットです。コースがすごく狭くて、難しいんですけど、自分のドライバーショットが打てれば…。予選通過できるように頑張ります。将来はプロゴルファーになって、賞金女王になりたいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>