写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立ソリューションズは8月31日、企業のセキュリティ対策の現状分析や運用体制の確立において、グローバルセキュリティエキスパート(GSX)と連携し、「サイバー攻撃対策ソリューション」のコンサルテーションメニューを9月1日から強化する。

これにより、企業は、専門のコンサルタントによるセキュリティレベルの現状分析や脆弱性診断に基づき、より的確な情報システムの導入に加え、標的型メール訓練をはじめとする教育やセキュリティポリシーの策定など、情報セキュリティマネジメントの運用体制を強化することで、有効な多層防御を実現する。

今回の両社の連携により、企業は、より的確な情報システムの導入が可能となるとともに、標的型メール訓練やマルウェア感染調査、CSIRTの設置支援など、情報セキュリティマネジメントの運用体制を強化することで、サイバー攻撃に対する有効な多層防御を実現する。

また、両社は今回のコンサルテーション強化だけでなく、システム構築や運用支援についても、企業のセキュリティ強化をサポートするために協力していく。