『蜜のあわれ』より、アクタガワ役を演じる高良健吾

写真拡大

石井岳龍監督の新作映画『蜜のあわれ』の追加キャストが発表された。

【もっと画像を見る】

作家で詩人の室生犀星による1959年発表の小説『蜜のあはれ』をもとにした同作。今回発表されたキャストは、芥川龍之介の幽霊「アクタガワ」役を演じる高良健吾。実際に生前の芥川は室生犀星の近所に住んでおり、死の前日も室生の家に訪れていたという。

なお、同作の撮影について高良は、「10代の頃監督の作品に頭を撃ち抜かれた記憶があります。監督は現場でも、とてもかっこよかった。紳士だった。ロックだった」とコメント。石井監督は「アクタガワの役は、最初から彼しか考えられなくて、どうしてもとプロデューサーに無理強いしました」と語っている。

『蜜のあわれ』は、変幻自在の金魚の姿を持つ少女「赤子」と、老作家の共同生活を描いた作品。老作家とエロティックな会話をし、夜は寄り添いながら寝ることもある赤子役を二階堂ふみ、赤子に「おじさま」と呼ばれる老作家役には大杉漣、老作家の元恋人の幽霊で、二人と三角関係を繰り広げる・田村ゆり子役に真木よう子がキャスティングされている。撮影は室生犀星の地元である石川・金沢、加賀や富山で行われたとのこと。

■高良健吾のコメント
10代の頃監督の作品に頭を撃ち抜かれた記憶があります。
監督は現場でも、とてもかっこよかった。紳士だった。ロックだった。
僕は芥川龍之介の幽霊の役です。幽霊役も来るようになったかと不思議な喜びも感じました。
石井岳龍監督の世界に参加できた喜びを感じています。
是非。蜜のあわれ。お楽しみに。

■石井岳龍監督のコメント
アクタガワの役は、最初から彼しか考えられなくて、どうしてもとプロデューサーに無理強いしました。努力家でじっくり役を掴んでいくタイプですね。久々にキレた方向の役だと思いますが、国民的作家の元祖が、あの世から蘇り、鋭くすべてを射抜くような眼力で狂的な熱を発し微笑む姿を、静かに熱演してくれてます。圧巻です。