大地震・火災・津波に備える 震災から身を守る52の方法

写真拡大

「天災は忘れた頃にやってくる」。寺田寅彦の有名な警句だが、近年は阪神・淡路大震災、東日本大震災、御嶽山噴火と忘れていないうちに大災害が襲ってくる。最近ではゲリラ豪雨や竜巻、真夏の雹(ひょう)まで降ってくる。いつ、どこで、何が起きるかわからない。だが、日頃の準備をしていれば被害を最小限に防ぐことができる。関東大震災が起きた9月1日は、「防災の日」である。今すぐ対策を!

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

震災から守る一家に一冊の保存版

もしもの災害の時、どうするか。慌てず焦らず、沈着冷静が必要だ。前もって防災知識の基本を知っておくといい。一家に一冊、保存版があれば安心だ。

『大地震・火災・津波に備える 震災から身を守る52の方法』(編・株式会社レスキューナウ、監・目黒公郎、864円、アスコム)は、そのためにうってつけの一冊だ。防災用品の企画販売や、総合的な危機管理ビジネスを展開している「レスキューナウ」がまとめた。

第1章は「揺れと災害から、こうやって身を守ろう!」と、「家の倒壊を防ぐには」「室内を安全にするには」「火災への対処」、さらに「倒壊家屋からの脱出」について説明する。第2章は「最低3日間、自力で生き抜こう!」と呼び掛ける。「帰宅難民とならないために」「『公助』がくるまで」「正しい情報を得るために」と具体的に示し、防災グッズをそろえよう」とアドバイスする。「危険管理のプロフェッショナル集団」によるすぐに役立つノウハウ集である

自分に都合よく期待する本能

これほど自然災害の多い国なのに「自分だけは大丈夫だ」と思っている人が少なくない。そもそも人間には「自分だけは大丈夫だ」と都合よく期待をする本能があるという。地震に備えることもしないし、自分だけは逃げ切れると思っているのだ。

『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている』(著・山村武彦、1296円、宝島社)は、東日本大震災でわかった緊急時の行動と心理から、自分と家族を守るための「心の防災袋」を提案する。2005年に出されたものに東日本大震災や御獄山噴火などを収録した改訂新版だ。

著者の山村武彦氏はテレビでお馴染の防災・危機管理アドバイサー。学生時代に遭遇した新潟地震(1964年)でのボランティア活動をきっかけに、地震、津波、噴火、土砂災害、テロ、事故など50年間一筋の災害対策のプロだ。心理面からの解説に説得力がある。

お釈迦さまも勝てなかったストレス

災害時のストレスは重要なテーマだが、ストレス自体が現代人の最大の悩みのひとつだ。ストレスに関する本はこれまでも多く出されているが、『脳からストレスを消す技術』(著・有田秀穂、713円、サンマーク出版)は、「私たちはストレスについて思い違いをしていた」と語る。思い違いとは、「ストレスに勝とう」と思っていたことだ。もともと、人はストレスに勝てないようにできている。仏教を開いたお釈迦さまもストレスに勝つことができなかったという。

では、どうすればいいのか。「ストレスを消せばいい」。襲い来るストレスを上手に受け流し、適度にコントロールすればいいのだ。その方法とは、「『笑い』より『涙』。1日5分で効果が出る驚きの『心のリセット法』」と提唱する。

テレビや雑誌で注目される「セロトニン研究」の第一人者がわかりやすく語るストレス解消法だ。