エコでコンパクトな「LIVA」に「Windows 10」搭載モデル

写真拡大

パソコン(PC)パーツやスマートフォンアクセサリーなどを扱うリンクスインターナショナル(東京都千代田区)は、台湾のECS製小型PC「LIVA」ブランドから、「LIVA X 2(リバ・スクエア)」を2015年9月6日に発売する。

4K映像出力対応 メモリーとストレージ容量別の3モデルをラインアップ

サイズが156(幅)×83(奥行)×51(高さ)ミリ、重さ約560グラムの超小型筐体と、ファンレスによる無音動作が特徴。OSは「Windows 10 Home」(64bit版)をプリインストール。CPU(プロセッサー)はインテル「Braswell」世代の「Celeron N3050」を搭載。画像出力インターフェイスはHDMIとアナログRGBを備え、4K(3840×2160ドット)、2画面同時出力も可能だ。

インターフェイスは有線LAN、USB 3.0×3、ヘッドセット端子×1。IEEE 802.11ac対応の無線LAN、Bluetooth 4.0の無線通信をサポート。

メモリーとストレージ容量の違う3モデルをラインアップ。メモリー4GB/64GB eMMC「LIVAX2-4/64-W10」(店頭予想価格は税別3万3800円前後)、メモリー2GB/64GB eMMC「LIVAX2-2/64-W10」(同2万9800円前後)、メモリー4GB/32GB eMMC「LIVAX2-2/32-W10」(同2万5800円前後)。