手話に次いで「咳払い」もできるようになった、メスゴリラ・ココ

写真拡大

手話でコミュニケーションを取ることのできるゴリラ、ココが、呼吸と喉頭の初歩的な随意制御を行うこともできることを示したようだ。

「手話に次いで「咳払い」もできるようになった、メスゴリラ・ココ」の写真・リンク付きの記事はこちら

ココ(記録上はハナビコ。「花火」を思い起こさせる日本語の言葉で、彼女の誕生日にちなんでいる)は1971年7月4日にサンフランシスコ動物園で生まれたメスのゴリラだ。アメリカにとって非常に重要な日に生まれただけでなく、その能力によっても彼女は特別だ。手話を使うことができるのだ。

より正確には、アメリカ手話の修正版の数多くの言葉を学習した。彼女の先生は、ペニー・パターソンだった。彼女はココが1,000語以上の手話(彼女が「ゴリラ手話」と呼んでいるものだ)と、2,000語の文字に書かれた英語を理解することができると報告した。19年前に鏡像認知のテストに合格したこのゴリラは(ゴリラの大部分は失敗した)、発声の試みに非常に近い何かを見せたようだ。

学術誌「Animal Cognition」で公開された研究において、ウィスコンシン大学マディソン校のマーカス・パールマンとカリフォルニア大学サンタクルーズ校のナタニエル・クラークは、非常に慎重に、事例の限界を認めながらではあるが、ココが行った「話す」試みだと解釈できるかもしれない事柄の記録を発表した。

ココがパールマンやその他の人々とやり取りしているのが見られる71時間の動画を綿密に検討して、科学者たちは、発声と呼吸の制御を必要とする9つの(自発的な)行動を記録した。

ゴリラの典型的なレパートリーには属さない、学習による行動だ。こうしたもののなかには、ごほうびが欲しいときに手の中に息を吹きつける、布で鼻をかむ、管楽器を演奏する、布で拭く前にメガネを湿らせる、電話での会話を真似る(受話器を耳と肘の折れ目の間に挟んで、話すことなしに口を開けたり閉じたりする)というものがある。

「このような行動を示すとき、わたしたちがするように、周期的な音を発することはたしかにありません」、とパールマンは説明した。「しかし、制御されたようなうなり声を発するために、咽頭を十分うまく使えることを示しました」。

ココはさらに、命令に応じて咳をすることができる。この行為は咽頭の閉鎖を必要とするため、ゴリラにとっては注目に値する行動だ。

咳をする。

これは学習による行動であり、生後わずか6カ月のときから人間と接してきたことの結果だ(現在ココは44歳)。「ココは、ゴリラも適切な環境条件があれば、声道の柔軟な制御をいくらか発達させることができることを示しています。人間と同じようにではありませんが、間違いなく制御はできます」と、パールマンは結んでいる。

TAG

AnimalEducationLanguageWIRED IT