一度に10種類の素材で出力できる「安価」な3Dプリンター

写真拡大

MITのコンピューター科学・人工知能研究所(CSAIL)が、最大10種類もの素材を使える3Dプリンターについて動画を公開した。既存のマルチマテリアル・プリンターよりも、ずっと安価につくることも可能にするかもしれない。

「一度に10種類の素材で出力できる「安価」な3Dプリンター」の写真・リンク付きの記事はこちら

一度に最大10種類の素材を使ってさまざまなモノをつくれる、新しい3Dプリンターの動画が公開された。

動画を制作したマサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピューター科学・人工知能研究所(CSAIL)は、これまでのマルチマテリアル(複数の素材を使える)プリンターと比べて、この新しいプリンターはより安価で、扱いやすいと述べている。

研究チームがコンピューターグラフィックスの国際会議「SIGGRAPH」に提出した論文によると、このプリンターは全自動で作動し、最小40ミクロン(人の髪の太さの半分ほど)でのプリントや、自動較正と自動修正が可能で、対象物に直に電子回路をプリントすることもできる。

ヴォイチェク・マトゥシク教授が率いるコンピュテーショナル・ファブリケーション・グループのメンバーと一緒にこの論文を共著した、CSAILのリサーチエンジニア、ハヴィエル・ラモスは、「このプラットフォームは、製造技術の新たな可能性を拓くものであり、研究者や趣味の愛好家たちに、これまではプリントが困難だったり、あるいは不可能だったりしたものをつくる力を与えるでしょう」と語っている。

このプリンターは、実費でわずか7,000ドルほどの部品を使ってつくられている。MITによれば、通常は25万ドル近くする(しかも使える素材は3種類のみ)市販のマルチマテリアルプリンターと比べると、価格面でもかなり有利だという。

このプリンターの最大の特徴は、他の物体をスキャンして、その上に直接プリントできることだ。研究チームによると、例えばこの機械にiPhoneをセットして、ダイレクトにケースをプリントすることもできる。

従来の3Dプリンターが素材を押し出して、層状に重ねて整形していくのに対し、この装置では、「種類の異なる感光性樹脂の液滴をミックスし、オフィスプリンターと同様のインクジェットプリントヘッドを通じて送出する」。これには、一度にギガバイト単位のデータを処理できる強力な演算能力が必要だが、多数の素材に対応するためのスケールアップはずっと容易になる。

「想像してみてほしいのですが、例えば、電動ワインオープナーを売っている人が、このようなプリンターを買うための7,000ドルが手元にないとします。将来はそうした人たちも、最寄りのフェデックスの営業所に設計データをもち込めば、リーズナブルな価格で何ダースかの完成品をプリントアウトして、発送できるようになるかもしれません」と、ラモス氏は言う。「そんなふうにこのプリンターが実用化されることが、わたしの最終的な夢なのです」

TAG

3D PrintingMITVideoWIRED UK