圧巻のプレーを見せたジェイソン・デイがランキング1位に浮上!(Photo by Hunter Martin/Getty Images)

写真拡大

<FedExポイントランキング>
 米国男子ツアープレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」は2位に6打差をつけたジェイソン・デイ(オーストラリア)が圧勝。これにより、レギュラーシーズンの4倍となる2,000ポイントを加算したデイがランク1位で同大会で予選落ちを喫したジョーダン・スピースにかわり1位に浮上した。
ショットが曲がり険しい表情で叫ぶ石川遼
 スピースが2位に後退し、バッバ・ワトソンの3位は変わらず。同大会13位タイでフィニッシュした松山英樹は20位から14位に浮上し、30名のみが出場できる最終戦「ザ・ツアー選手権」へ向けて前進した。ランキング124位に滑りこんでプレーオフシリーズ初戦に臨んだ石川遼は66位タイと下位に終わりランキングも122位どまり。上位100名が出場できる第2戦「ドイツ銀行選手権」進出はならなかった。
 プレーオフシリーズはランキング上位100名が出場する第2戦「ドイツ銀行選手権」から1週明けて70名が出場できる「BMW選手権」、そして30名のみで争われる最終戦「ザ・ツアー選手権」と続いていく。
【FedExCUPランク】
1位:ジェイソン・デイ(4,459pt)
2位:ジョーダン・スピース(4,169pt)
3位:バッバ・ワトソン(3,167pt)
4位:ヘンリック・ステンソン(2,152pt)
5位:ザック・ジョンソン(2,049pt)
6位:ダスティン・ジョンソン(2,028pt)
7位:ジミー・ウォーカー(2,020pt)
8位:ジャスティン・ローズ(1,956pt)
9位:ロバート・ストレブ(1,838pt)
10位:ダニー・リー(1,709pt)
14位:松山英樹(1,605pt)
15位:ローリー・マキロイ(1,567pt)
122位:石川遼(476pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>