ドラマのTBSから10月の新ドラマの発表が! 10月期から水曜日に「水ドラ!!」と題してドラマ枠を新設。その第1弾となる新ドラマ「おかしの家」の放送が決まりました。

深夜帯ならではのエッジのきいた企画への挑戦や、TBSの次世代クリエイターの発掘と育成を目的に創設された「水ドラ!!」枠。

史上最年少でブルーリボン賞(映画「川の底からこんにちは」2009年)と、日本アカデミー賞最優秀作品賞(映画「舟を編む」2013年)を受賞し、今最も注目されている若手監督・石井裕也とTBS若手クリエイターが手を組むという豪華な制作に加えて注目が、これまた豪華な出演者。 主人公を演じるのはオダギリジョー、ヒロインに尾野真千子、主人公の友人役に勝地 涼、その他ハ千草薫など豪華俳優陣が顔を揃えました。


■ドラマ詳細

物語は、東京・下町の駄菓子屋「さくらや」が舞台。主人公・太郎は、両親を早くに亡
くし、祖母・明子が営む経営状態の苦しい駄菓子屋「さくらや」を守ろうと奮闘している
がなかなか上手くいかない。さくらやの裏口には、太郎の幼馴染で脚本家志望の三枝や、
近所で銭湯を経営する島崎たち常連客が入り浸っており、太郎も一緒に駄菓子を食べては
たわいもないお喋りをするという、少年時代のような時間を過ごしていた。何に縛られる
こともなく、居心地の良い生活を送っていたが、その日々も時の流れとともにいずれは終
わってしまうことに太郎たちも気付いていた。そんな中、離婚を機に息子を連れて地元に
帰って来た太郎の幼馴染でシングルマザーの礼子と再会。それを機に、太郎や仲間たちは、
「さくらや」を訪れる人々と共に、己自身の過去に、夢に、痛みに向き合い、「本当に大切
なもの」に気付いていく…。

 

■コメント
<主演・オダギリジョー>
人間はバカな生き物です。本質を見失い、何度でも同じ過ちを犯す。本当に大切なものも、すぐに見失ってしまう……が、同時に人間は愛おしい生き物です。今回集まるスタッフ・キャストなら、そんな人間の両面を、最高の形で真空パック出来ると思います。そしてこの作品は、『深夜ドラマ』の可能性を広げることになるでしょう。

 

今からもう10月の水曜日が楽しみ! 秋の夜長を新ドラマで楽しんじゃいましょう。