東京ミッドタウンで映画とともにシャンパンを楽しむ「モエ ガーデン シネマ」開催

写真拡大 (全3枚)

フランスのシャンパーニュ地方に1743年に生まれた「モエ・エ・シャンドン」は、創業以来、映画人に愛されてきたシャンパン。ハリウッド映画の黄金期と呼ばれる1930年代から現在に至るまで、数々の名作でお祝いのシーンに登場してきたとか。そこで、名画とシャンパンを、一緒に楽しめるイベントをご紹介。

東京ミッドタウン敷地内のミッドタウン・ガーデン 芝生広場で開催される「モエ ガーデン シネマ」は、緑豊かな空間の中で「モエ・エ・シャンドン」を飲みながら屋外シネマを楽しむ、秋の夜にぴったりのプログラム。

映画上映があるのは3日間で、2015年9月4日(金)が「セックス・アンド・ザ・シティ2」、18日(金)が「ニューイヤーズ・イブ」、25日(金)が「華麗なるギャツビー」と、どれも名作ばかり。ヘッドホンレンタル料金1000円とデポジット500円で、映画を鑑賞できる。(ただし、雨天の場合は中止)

9月4日(金)から10月4日(日)の期間には、屋外ラウンジ「ミッドパーク・シャンパン・ラウンジ by モエ・エ・シャンドン」も開催される。「モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル」の「ミニ モエ(200ml)」(1600円)が購入できる、日本初登場のスペシャルなベンディング・マシンも登場。「ミニ モエ」を購入するとヘッドホンが無料(デポジット1000円)になるサービスもあるとか。

「芝生の上でゆったりくつろぎ、モエ・エ・シャンドンと映画を味わい、極上のひと時をお楽しみください。」と広報担当者さん。

屋外ラウンジでは、「ミニ モエ」はもちろん、「モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル」をボトル(7000円)でも提供。気の合う女子同士でボトルワインをシェアしながら、『セックス・アンド・ザ・シティ2』に出てくるキャリーやサマンサの気分を味わう、なんていうのはいかが。


また、秋の味覚がたっぷり詰まったメニューも用意しているとか。シャンパンと相性のいいメニューが揃っている中で、オススメは「秋の味覚重」(2300円)。身のしまったズワイ蟹のクリスタルテリーヌや、北海道サーモンの手まりにサーモンキャビアを添えた贅沢な一品など、秋の味覚がぎっしり詰まったお重は、シャンパンとのマリアージュを楽しめる。

ほかにも、トリュフが香る「ポテトのキッシュ トリュフペースト添え」(800円)や、ワインとハーブの風味が食欲をそそる「国産鶏とキノコの白ワイン煮 ローズマリーの香り」(1800円)など、こだわりのフードメニューが揃うとか。

涼しさが心地いい初秋、金曜の夜は名画のヒロインと同じシャンパンを飲みながら、戸外で映画鑑賞もいいかも。

『セックス・アンド・ザ・シティ2』(c) 2010 WV Films IV LLC and Home Box Office, Inc. All Rights Reserved.
Domestic: (c) 2010 Warner Bros. Entertainment Inc. and Home Box Office, Inc.
All Rights Reserved. International: (c) 2010 Village Roadshow Films (BVI) Limited. All Rights Reserved.