くりぃむしちゅー・有田哲平

写真拡大

29日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」(テレビ朝日系)で、土田晃之が、若手時代に先輩から陰口を叩かれた際、くりぃむしちゅー有田哲平が守ってくれたことを明かした。

この日、ゲスト出演した土田は、90年代に人気を博したバラエティ番組「タモリのボキャブラ天国」(フジテレビ系)の裏側を徹底解説した。そこで、番組では「ボキャブラ天国」と同時期に放送されていた「GAHAHA王国」(テレビ朝日系)の秘蔵VTRが紹介された。

「GAHAHA王国」では、ショートコントの勝ち抜け戦があり、当時「U-turn」という名前のコンビを組んでいた土田も出演していたという。

土田は出演していた芸人の中で一番下の世代だったそうだが、勝ち抜け戦だったこともあり、芸人同士の関係はギスギスしていたそう。そして、U-turnが勝ち続けたときに先輩芸人から「おい何だアイツら。U-turnとか全然面白くねぇわ。何であんなんが勝ち抜いてるん?」と、楽屋で陰口を叩かれたという。

土田は、そういった空気を避けて楽屋の外にいたそうだが、土田の相方は楽屋におり、ふたりへの批判を聞いてしまったという。その話を相方から聞いた土田は、先輩の陰口に腹を立てたそうだが、そこで相方は「でも、海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)の有田って人が…」と、楽屋の詳細な様子を教えてくれたそうだ。

相方によると、有田は、土田らに陰口を叩いた芸人に、「お前ら、それ違うだろ!対戦形式でお客さんがどっちが面白いか決めて、それでU-turnが勝ってんだから、U-turnがおもしれぇんだよ」「お前らが負けてんだよ」などと言っていたというのだ。

これに土田は、「アイツやるなぁ」「海砂利の有田ね」と、後輩にもかかわらず上から目線で感動していたそう。

土田によると、そのときに愚痴ばかり言っていた芸人は、今ではお笑い界に残っていないという。この話にブラックマヨネーズの吉田敬が「鳥肌立つ!」と漏らすと、土田は「この話、有田が好きなの!」と付け加え、笑いを誘っていた。

【関連記事】
江頭2:50 コンビ時代に「ボキャブラ天国」を出禁になった過去
有吉弘行がコミックマーケット参加者のネットでの反応に憤慨
萩本欽一が明石家さんまに抱いた思いを告白「負けてもいい」