1か月ぶりのツアー再開試合を選手会長・勇太が制覇(撮影:ALBA)

写真拡大

<RIZAP KBCオーガスタ 最終日◇30日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>
 「14番のイーグルは男子プロっぽいプレーを見せられたんじゃないかな」。『RIZAP KBCオーガスタ』の最終日、後半14番からは首位に立っていた池田勇太の一人旅となった。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 前半は1番のティショットを林に入れボギー発進となるなど4番まで1つスコアを落とす展開となるが「悔いの残るボギーではなかった」と冷静さを保ち、5番からの3連続バーディ、9番パー5でのバーディで前半でトータル17アンダーまで伸ばす。ハーフターンした池田は10番、12番でさらに伸ばし、この時点で19アンダー。追いすがる小田孔明とは4打差をつける。
 だが次ホールで後半初ボギーとすると、同時刻に小田が14番グリーン上で追撃のバーディを奪い、2ストローク差。13番のグリーンから18番グリーンにあるリーダーボードで2打差を確認し14番へ向かった。
 ここで池田は逆転の可能性を打ち消すティショットを披露する。3日目からティ位置が変わり、1オンを狙える“サービスホール”となった14番。「3日目はピンオーバーしてしまったホールで、今日はピンまで5ヤード手前になった315ヤードだったけど、高めのボールでグリーンに止まるように狙った」という池田は、ピンそば1mにピタリとつけイーグル奪取。再び4打差に戻し、勝負を終わらせた。
 このイーグルだけでなく、「(2打目が)ほとんど1〜3mについていた。あとはパターが入るか、入らないかだけ」と絶好調のショットを武器に8つのバーディ奪取でギャラリーを沸かせた。
 最終日に手ごたえある内容の“完全優勝”に「やっと1勝。これでスタートラインを越えられた」とツアー後半戦へ向けて、自分自身への期待をあらわにして先に見据える。「来週の『フジサンケイクラシック』は昨年のリベンジ(逆転で優勝を逃した)をしたいし、その次の『ANAオープン』はホスト大会で2010年以来の優勝をしたいし、勝ちたい大会だらけですよ」。
 池田にとって今季は「来年から“新たなプロゴルファー・池田勇太”を見せるためのキッカケとなる年」という位置づけ。選手会長3年目を迎えているが、「(選手、選手会長職の)両方をうまく続けてきたつもりですが、1回身を引くつもり。新しいサイクルが必要だと思う」と、30歳を超える来季は“いち選手”として進化を図りたいと願っている。そのために20代最後となる今季を実にあるシーズンにしたい。
 「すぐに2勝目をあげて、(賞金ランキングの)上にいくだけ」と力強く語った池田。会見で、今大会終了時のランキング表の9位に位置する自身の順位をまじまじ眺めて思っただろう。“まだココか…”と。
<ゴルフ情報ALBA.Net>