あえて今やってみたい往年の「診断メーカー」ランキング

写真拡大

診断メーカーとは、対象者の名前を入れるだけで、あらゆることを診断してくれるウェブサービスです。占いやおみくじ的な要素が受け、数年前に若者を中心に大きな広がりを見せました。その後数年を経て、SNSの共有で再び盛り上がりを見せている「診断メーカー」。そこで今回は、今だからこそやってみたい往年の診断メーカーを調査してみました。

■今やってみたい往年の「診断メーカー」ランキング
1位:あなたは異性からこう思われています2位:あなたの取扱い説明書3位:あなたのモテモテ度を表しったー⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《あなたは異性からこう思われています》が選ばれる結果となりました。自分が異性にどう見られているかを気にする人がいかに多いのかがわかりますね。結果はともあれ、自分の診断をTwitterで共有する面白さにハマってしまうようです。

2位は《あなたの取扱い説明書》がランク・イン。「診断メーカー」の中でも携帯アプリとして登場するほど人気のシリーズです。お遊びとはいえ、時には思わず納得してしまうような結果が出ることも…。「もしかして当たってる?」とびっくりする人も多いようです。

3位に選ばれたのは《あなたのモテモテ度を表しったー》でした。「○○ったー」は、Twitter(ツイッター)をかけた診断メーカー独特の言い回しです。《あなたのモテモテ度を表しったー》で診断すると、モテモテ度の割合や、ジョークを交えたコメントが結果として表示されます。そんな診断結果に一喜一憂する人が多いそうです。

診断メーカーは、毎日のように新しい診断が公開されています。人気の診断に挑戦したり、オリジナルの診断を作ったりと楽しみ方はさまざまです。診断メーカーの面白さを体験するなら、ランキングページから診断メーカーへリンクを貼っておりますのでまずは往年の診断メーカーから始めてみてはいかがでしょう。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年6月25日〜2015年6月29日