30日放送の「NHKのど自慢」(NHK総合)で、SMAPの木村拓哉が、出場者の合否の判定にジェスチャーで猛然と抗議する一幕があった。

神奈川県秦野市からの生放送となったこの日は、番組開始70年を記念して放送時間を通常より30分拡大し、SMAPと坂本冬美がゲスト出演していた。

全22組が歌声を披露する中、18番目に登場した男女ふたり組が「社交ダンスで地元秦野を盛り上げています」と小田切千アナウンサーに紹介され、長渕剛の「乾杯」を歌うことになった。

伴奏が流れ始めるとふたりは社交ダンスをしはじめ、止まることないまま男性が「かたい絆に〜」と歌い出したのだ。このまさかのパフォーマンスに会場はどよめき、出場者とともにステージ後方で見守っていた木村も目を丸くしていた。

ステージを広く使って女性と踊りながらも熱唱する男性には、会場から拍手が送られていた。

ところが、サビに入ったところで無情にも不合格を告げる鐘が鳴ってしまう。すると鐘が鳴ったとたんに木村が、鐘を鳴らした秋山気晴氏のもとに駆け寄り、ジェスチャーでもう少しふたりのパフォーマンスが見たかったことを口惜しそうに訴えたのだ。

男性は社交ダンスをしながらの歌唱ゆえに、手を伸ばした状態でマイクを持っていた。中居が「もうちょっとマイクが近かった方がよかったんじゃ?」などと尋ねると、男性は「初めての体験だったんで」と息を切らしながら明かしていた。

番組終盤、木村は審査員特別賞の発表でふたりの名前を読み上げ、「この方たちにはぜひ取ってもらいたいですね。ダンスで会場を沸かせてくださいました」と賞賛していた。

【関連記事】
木村拓哉が「ロングバケーション」最終回生放送シーンの舞台裏を明かす
木村拓哉が映画「HERO」の事故シーンを視聴者にツッコまれ弁明
木村拓哉「27時間テレビ」で稲垣吾郎の身代わりになった真相を語る