楽して痩せる最終兵器が登場!? shutterstock.com

写真拡大

 肥満の原因を、遺伝子レベルで解明しようとする研究が世界中で行われている。このほど「New England Journal of Medicine」オンライン版に8月19日に掲載された研究によると、代謝を加速し、過剰な脂肪を熱エネルギーとして燃焼するのを促進する「遺伝子スイッチ」が脂肪細胞中で発見されたという。このスイッチを切り替えると、マウスの体重が半減し、ヒト脂肪細胞でも同様の作用が認められたという。

 つまり、睡眠中やリラックスしながらでも脂肪を燃焼して減量できる可能性が、遺伝子レベルの新しい研究で示唆されたことになる。

 責任著者である米マサチューセッツ工科大学(MIT)コンピューターサイエンス・コンピューター生物学教授のManolisKellis氏によると、「食べる量や運動量が同じでも、スイッチを切り替えたマウスは日夜、熱のかたちでエネルギーを燃焼した。代謝が、"エネルギー貯蔵"から"エネルギー放出"へと切り替わったことが示された」と述べている。

 これまでの研究では、『FTO』と呼ばれる遺伝子領域と肥満との強い関連が指摘されている。FTO遺伝子は、胃から分泌される食欲ホルモンである「グレリン」に深く関係し、食欲亢進や脂肪蓄積などの生理作用があり、さまざまな生活習慣病との関連が指摘されていた。FTO遺伝子変異のある人では、このグレリンの異常が起こりやすく、食事をした後でも短時間で食欲を感じやすい。
 
 例えば、359人の健康な男性を対象に行われたインペリアル カレッジ ロンドンにおける研究では、FTO遺伝子変異の低いグループと、高いグループに分け、グレリンの分泌にどれだけ差があるかを調べた。
 
 通常、グレリン値は食前に上昇し、食後に低下する。しかし、FTO遺伝子変異のある場合ではグレリン値が上昇しやすく、食後も低下しにくいので、空腹感を感じやすいことが分かった。また、FTO遺伝子変異のある人は、高カロリーの食事やスナック類などの摂取量が多く、総エネルギー摂取量に占める脂質の割合が高い傾向がみられた。

 こうした研究では、FTO変異がどのように体重を増加させるのか、その機序はいまだ不明だった。

遺伝子スイッチでマウスの体重が半減!

 今回の研究では、健康な欧米人100人の脂肪細胞を遺伝子レベルにまで詳細に調べた。対象者はすべて正常体重で、約半数が肥満リスクの遺伝子変異を有していた。調査の結果、肥満化を示す変異は、脂肪組織をつくる細胞内の他の2つの遺伝子、IRX3とIRX5を活性化することがわかった。
 体重管理は運動と食事のバランスの問題で、摂取するより多くのカロリーを燃焼できれば減量できると一般的に考えられているが、物質を代謝し、熱が細胞から放出される熱産生(thermogenesis)と呼ばれる過程でも、身体は脂肪を熱として燃焼できる。Kellis氏は「たとえば、寒いところに行くと、このプロセスにより脂肪燃焼が作動し、体温と身体機能が保たれる」と例をあげて説明している。

 IRX3とIRX5 は、この熱産生のおもな制御装置として働き、身体で過剰なエネルギーを燃焼せずに、脂肪細胞に貯蔵するよう指令を発する。同氏らが、この2つの遺伝子の働きを遮断したところ、肥満リスクのあるヒト細胞内で脂肪燃焼が増加した。逆に、この2つの遺伝子を増強すると、遺伝的に肥満しにくいヒト組織での脂肪燃焼が減少することがわかった。実験用マウスを用いた検討では、IRX3の阻害により、運動量や食欲に影響をおよぼすことなく減量ができ、脂肪燃焼が増加し、高脂肪食への抵抗性も示された。

 研究を主導した米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターおよびハーバード大学医学部(ボストン)のMelina Claussnitzer氏は、「肥満が食事や運動といった要素だけではなく、細胞レベルでの変化の結果であることを示す重要な知見であり、肥満予防の薬剤開発への道を開くものだ」と述べている。

 なお、Kellis氏は、今回の知見を踏まえても、健康を維持するにはまず、運動と正しい食習慣が重要であることを付言している。
(文=編集部)