メガネもコンタクトも邪魔! shutterstock.com

写真拡大

子供の頃から近眼でメガネやコンタクトレンズを装着していたけれど、スポーツや仕事のときは不便でしょうがない......、と思ったことはないでしょうか?

 近視矯正法としては、角膜を削って曲率を変えるレーシック手術が、以前から数多く行われてきました。しかし最近では、重篤な感染症による合併症や術後の見え方に対する不満などが報告され、手術を希望する人が減っています。

 とはいえ、メガネやコンタクトレンズから解放されたいと思っている人は多いはず。そんな人たちのために、最新の近視矯正法について紹介しよう。

就寝中に特殊なコンタクトを装着して近視を矯正

 オルソケラトロジーは、特殊な形状をしたハードコンタクトレンズを就寝中に装用することで角膜の中央を平坦化させて、光の屈折率を変化させることで近視を軽減するという原理です。この効果が続いている間は、裸眼でもメガネやコンタクトレンズをかけたときと同等の矯正視力を得ることができます。

 オルソケラトロジーは次のような人に向いているといわれています。

▶︎裸眼で生活やスポーツ(格闘技、ラグビー、サッカーなど接触が多いスポーツやマリンスポーツ)をしたい人
▶︎花粉症などで点眼薬を使用している人
▶︎手術を受けたくない人
▶︎近視の程度が軽い人

 一方、生活が不規則で、特に就寝時間が短い人、近視や乱視が強い人にはお勧めできません。近視が強い人は、充分に矯正できないことがあるので、クリニックで相談してください。

 また、オルソケラトロジーは、装用を中止すれば元の近眼の状態に戻るので、自分に合っていないと感じたら中止できる利点があります。そのため、ある程度の期間、試験的に体験できるクリニックもあります。

子供の近視進行の抑制にも効果があるが......

 さらに最近の研究では、子供の近視進行の抑制にもオルソケラトロジーの効果も報告されています。ただし、角膜を含め眼球が成長期の子供は、不適切な使用によりトラブルになることがあるので注意が必要です。以下の条件にあてはまる子供にはお勧めできません。

▶︎自分にあったメガネを使用している
▶︎アレルギー性結膜炎やドライアイなどの眼科的な疾患がない
▶︎親や兄弟など身近な人がコンタクトレンズを使っている
▶︎適切なコンタクトレンズのケアができる
▶︎近視の程度が軽い

 もし、子供がオルソケラトロジーを行った場合でも、痛みや充血など目の症状があったら親に必ず報告する、無理に使い続けずに中止する、また、相談できる眼科が近くにあることが大事です。

目の中にレンズを挿入する近視矯正法

 一方、近視矯正の手術には、角膜を削るレーシックのほかに、目の中にレンズを挿入する「有水晶体眼内レンズ」や「有水晶体眼内コンタクトレンズ」という方法があります。

 レーシックは角膜を削って近視を矯正するので、術後に何か不満があっても元に戻すことはできません。しかし、有水晶体眼内レンズ(コンタクトレンズ)は、術後に合併症や見え方に対する不満などがあれば、挿入したレンズ(コンタクトレンズ)を取り出すことが可能です。ただし、近視の程度により不向きの人もいます。また一般的にレーシック手術よりも高額です。

 今回は、オルソケラトロジーと有水晶体眼内レンズ(コンタクトレンズ)を紹介しました。いずれの術式も新しい方法であるとともに、希望する方法がその人には適さないこともあるので、担当医とよく相談してから決めてください。

高橋現一郎(たかはし・げんいちろう)
東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授
1986年東京慈恵会医科大学卒業、98年東京慈恵会医科大学眼科学教室講師、2002年Discoveries in sight laboratory, Devers eye institute(米国)留学、06年年東京慈恵会医科大学附属青戸病院眼科診療部長、東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授、2012年より東京慈恵会医科大学葛飾医療センター眼科診療部長。日本眼科学会専門医・指導医、東京緑内障セミナー幹事、国際視野学会会員。厚労省「重篤副作用疾患別対応マニュアル作成委員会」委員、日本眼科手術学会理事、日本緑内障学会評議員、日本神経眼科学会評議員などを歴任。