中国で開催中のAFC U-19女子選手権に出場しているU-19日本女子代表は29日、決勝でU-19北朝鮮女子代表と対戦し、0-0からのPK戦の末、PK4-2で競り勝ち、2大会ぶり4度目の優勝を飾った。

 試合は一進一退の攻防が続く中、交代枠を使い切ったあとにMF隅田凜(日テレ)が負傷退場。後半40分から10人での戦いを余儀なくされた。それでも数的不利の中、延長戦も0-0で耐え、PK戦に突入。北朝鮮3人目のキックをGK平尾知佳(浦和レディース)が止めると、北朝鮮4人目も枠を外した。

 日本は4人全員が成功し、PK4-2。2大会ぶり4度目の優勝を飾り、大会4得点のFW小林里歌子(常盤木学園高)が大会最優秀選手にも選ばれた。なお、3位決定戦では韓国が中国を4-0で下し、日本、北朝鮮、韓国の3チームが来年のU-20女子W杯への出場権を獲得している。

 日本サッカー協会によると、平尾はPK戦でのビッグセーブについて「攻められている中でのPK戦突入でしたが、チームを救うようなプレーをすることができてよかった。こっちに来ると思った方向に飛び、セーブすることができた」とコメント。「今回の合宿でもPKの練習はしていた。素直にうれしい気持ちです」と喜んでいた。

出場メンバーは以下のとおり

■先発

▽GK

平尾知佳(浦和レディース)

▽DF

北川ひかる(JFAアカデミー福島)

市瀬菜々(常盤木学園高)

乗松瑠華(浦和レディース)

宮川麻都(日テレ)

78分→隅田凜(日テレ)

▽MF

杉田妃和(INAC神戸)

長谷川唯(日テレ)

46分→西田明華(C大阪堺レディース)

三浦成美(日テレ)

松原志歩(C大阪堺レディース)

▽FW

小林里歌子(常盤木学園高)

籾木結花(日テレ)

68分→清家貴子(浦和レディース)

■控え

▽GK

松本真未子(浦和レディースユース)

森田有加里(日本体育大)

▽DF

清水梨紗(日テレ)

竹村美咲(INAC神戸)

羽座妃粋(日体大)

▽MF

水谷有希(筑波大)

▽FW

白木星(浦和レディース)

安齋結花(千葉レディース)

園田瑞貴(武蔵丘短期大)