リニア新幹線の体験乗車募集中!あなたも応募してみては?

写真拡大 (全3枚)

「夢のリニア新幹線」というようなキャッチフレーズはすでに古くなりつつありますが、山梨県で実験が行われているリニア新幹線の体験乗車を受付しています。

今回募集しているのは2015年10月27日〜11月27日まで。土・日・月を除いた各曜日について応募できます。各日ともに第1便〜第6便まで用意されており、各便最大110座席に座ることができますので、かなりの数が確保されています。抽選ではありますが、もしかしたら結構当たる確率は高いのかもしれません。

ちなみにリニア新幹線の呼称ですが、JR東海や国による整備計画では「中央新幹線」が正式名称です。当初は東海道新幹線の補完の意味を含めて建設する予定であったものの、計画路線が当初の中央新幹線と合体したような形になり、現在の呼び方となっています。

中央新幹線で予定されている路線総延長は東京-大阪間の438キロ。まず第1弾として東京-名古屋間の286キロが2027年の開業を目指し、名古屋-大阪間は2045年の開業を予定。なお、現在実験が行われている山梨実験線は、この路線に組み込まれることになっています。つい先日、4月21日には、有人走行最高速度の時速603キロを達成し、時速600キロで10.8秒走行しました(ニュースリリース:PDF)。

山梨実験線の概要

まだまだ最先端の乗り物であることは間違いない超電導リニア。こうなってくると時速500キロを体験したくなってきますね。今回募集している体験乗車に応募してみてはいかがでしょうか。応募期間は2015年8月28日(金)〜9月14日(月)午後11時59分まで。それ以外にも試験走行予定も公開されていますので、山梨県立リニア見学センターに行けば、走っている超伝導リニアを見ることができますよ。

超電導リニアの仕組みについて解説するページも用意されています

なお、タカラトミーから9月中旬に発売される予定のプラレール「リニアライナー 超電導リニア L0系スペシャルセット」は、磁気浮力するとともに磁力で走る初めてのプラレールです。スケールスピードも時速500キロ以上を実現しているとか。子供ならずとも大人でも楽しめそうなこのアイテム、筆者も特に注目しています。

■超電導リニア

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

鉄道に関連した記事を読む
・国内唯一の急勾配を登る「アプト式」区間を持つ「大井川鐵道井川線」
・北海道新幹線開業日が決定? 来年3月26日開業へ
・渓谷が美しい群馬・栃木のローカル私鉄「わたらせ渓谷鐵道」に乗りませんか
・犬吠埼をトコトコ走る「銚子電鉄」に乗ってみよう
・マニアだけのものじゃない! 時刻表を使ってみよう