松本人志 長渕剛のオールナイト・ライブに対する批判に反論

写真拡大

30日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、松本人志が、長渕剛のオールナイト・ライブに対する批判に反論した。

長渕は22日夜から23日朝にかけて、静岡県富士宮市にある休暇施設「ふもとっぱら」で10万人の観客を集めた「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」を開催した。9時間もの長丁場で長渕は全44曲を歌い上げ、大勢の観客を魅了した。

この日の番組では松本が、そんな長渕のライブについて一部でネガティブな報道がなされ、批判されていることに触れた。

松本は「(実際に)トライすることが凄いから!」と長渕がライブを実現させたことを評価し、こうしたニュースが人の足を引っ張ったり、やる気を削いだりしている現状に不快感をあらわにした。

松本は観客動員数についても「(ライブには)10万集まらんでも、相当な数の人が集まったわけでしょ!?」とコメント。ネガティブな内容を書き立てた記者を「何かあっても家族も集まらんようなやつらが」と厳しい言葉で批判していた。

【関連記事】
松本人志が矢口真里の真面目を装うキャラに言及「世間はそう簡単じゃない」
松本人志がダウンタウンの今後に言及「ホントは漫才がしたい」
松本人志 森昌子から態度やボケを注意される「一生やりません」