スギやヒノキが原因の花粉症は冬から春に起こりますが、実は夏の終わりから秋にかけても花粉症の季節です。9月になると気温が下がりはじめ風邪を引きやすくなる季節でもあります。花粉症の症状はくしゃみや鼻水。秋に起こる花粉症は風邪の症状と間違えやすいので注意が必要です。

秋の花粉症の原因はどんな植物?

花粉症は植物の花粉がアレルゲンとなって、くしゃみや鼻水などのアレルギー反応を起こす病気です。秋の花粉症のアレルゲンとなる植物は、ブタクサやヨモギ、カナムグラなど。主に、河川敷や草むらなどに群生する雑草が原因となります。春の花粉症に悩まされる人は、もともとアレルギー体質であることも多く、秋にも花粉症に悩まされることが少なくありません。中には、一年中、鼻がグスグスしてツラいという人もいるのです。

秋の花粉症? ただの秋風邪?

9月は気温が急激に下がる季節です。夏の疲れが残って体力が落ち気味ということもあり、風邪を引きやすい時期。風邪の症状と花粉症の症状は似ているので、どっちか分からないなんてこともあるでしょう。そんな時はまず“鼻水”に注目してみましょう。風邪は細菌やウイルスによるものなので、鼻水は黄色く粘りがあるのが特徴です。一方、花粉症はアレルギーによるものなどで、鼻水は透明でサラサラしていることが多いのです。また目のかゆみや充血があれば花粉症の可能性が高いですし、悪寒や発熱の症状があれば風邪を疑った方がいいでしょう。

秋の花粉症を避ける方法はあるの?

秋の花粉症のアレルゲンとなる植物の花粉は、スギやヒノキなどと比べて量が少ないのが特徴です。そのため家の中を徹底的に掃除することで、秋の花粉症の症状を抑えることができます。掃除をすればホコリやダニ、カビといったアレルゲンもなくすことができるので、一石二鳥。もともとアレルギー体質のことが多い花粉症の人にとっては、できるだけアレルゲンとなる原因物質に近づかない方が得策です。もちろん、症状によっては春の花粉症と同じように薬の服用も必要ですし、日頃から食生活に気を付けるなど、免疫力を高める努力も必要です。


writer:岩田かほり