【超簡単おつまみレシピ】さけるチーズを輪切りにして焼くだけの「さけチー焼き」が激ウマだった!!

写真拡大

「今夜のおつまみ何にしよっかな〜」と、毎晩コンビニ内をウロウロしている迷える子羊のみなさん。とっても簡単なのにあり得ないほど旨いと話題を呼んでいる「さけチー焼き」はいかがでしょうか。

どうやら、おつまみの定番「雪印北海道100さけるチーズ」を輪切りにして焼くだけで、超絶旨いおつまみができるようなのです。

とうわけで本日ご紹介するのは「雪印メグミルクのお料理レシピ」に載っていた「さけチー焼き」。焼かれた「さけチー」は一体どんなおつまみに変貌するのでしょうか。

【用意する食材は「さけチー」のみ】

用意する食材は「雪印北海道100さけるチーズ」のみ!! 調味料さえ要りません。今回は、プレーン、ほたて、そしてガーリック味で挑戦します。

【カットして焼くだけ】

まず、袋から取り出して、

それぞれを6等分にカット。

カットした「さけチー」をテフロン加工のフライパンで油を敷かずに焼きます。

火にかけてから10秒ちょっとで丁度よい焦げ目が。うっかりしていたら焦げてしまうので要注意。

両面焼いたら出来上がり。簡単過ぎてビックリです。

できたてのアツアツの「さけチー焼き」を早速試食。

【プレーン味】

まずは「プレーン」。

焼く前のさけるチーズよりも、チーズの味をしっかり感じます。そしてかりっとした焦げ目がたまらなく旨い。キュッキュとしたさけるチーズ特有の歯ごたえはそのままに、でも味が濃縮された感じです。

【ほたて味】

そして「ほたて」。当然ですが、見た目は「プレーン」と同じです。

うぉー。誰か日本酒持ってきて!! これ、調理場面を見せずにお客さんに「ホタテにチーズかけて網で焼いたのよ」と言ったら信じてもらえるレベルです。焦げ目のところは特に味が濃厚です。

【ガーリック味】

最後は「ガーリック」。6切れがくっついて一体化してしまっていますが……

予想を上回る美味しさです。チーズとガーリックという鉄板の組み合わせに、しっかりとした歯ごたえがプラスされて無敵の旨さに。いつまでも味わっていたい……そんな味。絶品です。

【おつまみに最適】

というわけで、「雪印北海道100さけるチーズ」を輪切りにして、テフロンのフライパンで焼いたら驚く程美味しいことが分かりました。おつまみに最適!

【熱いうちに食べよう】

ただし、冷めるとせっかくの美味しさがかなりトーンダウンするのでご注意を。焼きたてのアツアツのうちに、フーフーいいながら食べるのがお勧めです。

いかがでしたか? 簡単で美味しい「さけチー焼き」、今夜のおつまみにぜひ!!

参照元=雪印メグミルクのお料理レシピ
画像・執筆=南野バンビ(c)Pouch

画像をもっと見る