縮小するスーツ市場で注目を集める「オーダーメイド」。若者にも浸透

写真拡大

 これまで高級、高価格というイメージの強かった「オーダーメイド」服が、今、若者を中心に新たな注目を集めている。男性ファッションでは、手ごろな価格でのスーツやワイシャツなどのオーダーメイドが広がり、ネット上で注文を受け付ける店舗やサイトが続々登場。女性ファッションでも、『フランス人は服を10着しか持たない』のベストセラーに見られるように“良いもの、好きなものを、少しだけ”という価値観が、オーダーメイド人気を後押ししているようだ。

「男性ファッションのオーダーメイド市場といえば、圧倒的に50代以上向けのビジネスでした。それがここ数年は、20代男子の参入が際立っています」

 こう語るのは、アパレル業界に詳しい船井総合研究所の上席コンサルタント・岩崎剛幸氏だ。氏によると、その理由の一つが、細身ファッションの流行にある。スーツやワイシャツは、よりフィット感が求められるようになり、そのためには既製品よりもオーダーメイドのほうがより体にぴったりくるというわけだ。もう一つが若い世代を中心とするオリジナル志向の強まり。「最近の若い人たちは、ブランドよりも、自分がよりよく見える服を求める傾向にあります」と岩崎氏は言う。

 最近オーダーメイドに目覚めたという20代男性はこう語る。

「時計をするので、左のカフは10ミリ大きくするようになりました。イニシャルの入れ方にもこだわっています。赤やオレンジなどで目立つように入れることもあれば、白地にシルバーで、さりげなくとか。そういった細部への飽くなき追求が、結局は全体の印象を左右するんですね。そして何より、オリジナル感が増して自分自身の欲望が満たされるんです」

 若者への浸透を促している三つ目の理由が、安価とはいかないまでも、低価格化が進んでいることだ。

 かつてはオーダーメイドといえば、ブランド生地の使用と一流職人による手作りが主流だった。だが最近では、従来の工程を簡易化した“イージーオーダー”“パターンオーダー”や、ブランドよりも“着心地”重視のオーダーメイドが広がるなど、多様化が進んでいる。それによって、価格の多様化も進んだ。

 例えば鎌倉シャツの愛称で親しまれるシャツの専門店・メーカーズシャツ鎌倉の、オンラインショップのパターンオーダーシャツは12000円から。パーソナルオーダースーツ・シャツの専門店・麻布テーラーでは、37000円からオーダースーツを作ることができる(いずれも税別)。

 Web上で簡単に注文できるサービスが増えているのも、手間を省きたい若者の心を掴んでいるようだ。4980円でオーダーメイドのワイシャツが作れるサービス「チョイス(CHOiCE)」を利用しているという20代男性はこう語る。

「スマホ版サイトもあるから、電車に乗っている空き時間なんかに注文できるんですよ。その日の気分で、生地やサイズ、ボタンなどを選ぶのが楽しいです。もちろん価格も魅力です」

 オフィスや自宅など、希望の場所まで無料で出向き、出張採寸を行うサービスも登場している。

 ここ10年の男性スーツ市場は、2007年の3099億円をピークに2013年には2183億と、約1000億も縮小。苦境が続いている。そんな中、「イージーオーダーやパターンオーダーを中心としたオーダーメイドスーツ市場が密かに注目されている」(矢野経済研究所)のだ。

 では女性ファッションにおいてはどうか。男性よりもデザインやサイズの幅が広い女性ファッションにおいて、オーダーメイドが大きな潮流になるのは難しいだろうが、需要は確実に増えていると前出の岩崎氏は語る。

「名のあるブランドよりも、自分が好きなものを着たいという意識は女性にも広がっています。また、最近は、ハンドメイドのCtoC(個人間取引)サイトが会員を増やしているように、“手作り”志向が強まっている。オーダーメイドへの興味・関心は高まっていると言えるでしょう。男女問わず、細分化・多様化するニーズに答えられれば、今後も確実に拡大が見込める市場です。日本の高い縫製技術を活かすチャンスでもありますね」

 世を席巻するファストファッションとは対極をなすオーダーメイド服。多くなくていい、安くなくていい、だけど主体的に服を着たい――そう考える、今どきのお洒落人に選ばれている。