俳優クォン・サンウが映画「探偵:ザ・ビギニング(仮題)」の撮影当時のエピソードを明かした。

先日行われた同映画の制作発表会に出席した彼は、「前作の撮影も楽しかったが、今回の作品はこれまでで一番楽しい撮影現場だったと思う。撮影が終わり家に帰るのが嫌になるほど楽しかった」と話して笑いを誘った。

また「地方で撮影したときは、ソン・ドンイル先輩とお互いに撮影が終わるのを待ち、ビールを飲みに行ったりもした。それが現場での親密度が深まる原動力となったようだ」と語った。

 

© TOP N TOP Entertainment
© LK

韓国の芸能情報や大人気ドラマ・インタビュー動画を配信中!TBS公式アプリ「TBS韓流エンタメ」はこちらから