Doctors Me(ドクターズミー)- 飛蚊症の背後にある、こわ〜い病気とは…

写真拡大

視界に虫や蚊のようなものが見えて邪魔に思われたことはないでしょうか?それはもしかしたら飛蚊症かもしれません。今回は、この飛蚊症について医師に詳しく解説いただきます。

飛蚊症ってなに?

目の前を小さなゴミや虫のようなものが飛んでいるように見える、目の疾患を飛蚊症といいます。これは、白や黒、半透明に見えることもありますが、糸状や、小さな粒や丸い輪のようなものが、視線を変えても改善されず、目をこすったりしても消えないといった特徴があります。とくに明るい場所ではっきりと見えることが多いようです。コンタクトのゴミなどでもそのように見えることもありますが、コンタクトを外したり目を洗ったりしてもかわらないのも特徴といえるでしょう。

飛蚊症の原因は?

ほとんど場合は、加齢や目の酷使などから起こります。この場合は、あまり心配のいらない生理的変化によるといわれます。 いっぽう、病的な飛蚊症もあり、この場合は注意が必要です。
<病的な飛蚊症とは>
・網膜裂孔(もうまくれっこう)
網膜に穴が開いてしまったり、網膜剥離で網膜がはがれているケースもあります。この病状が進んでくると視野が見えないところが出てく場合もあり、視力の低下を引き起こすことも……。
・硝子体の出血
糖尿病や高血圧、外傷などがきっかけとなって、目の硝子体が出血をしている際にも飛蚊症に似た症状が引き起こされます。

飛蚊症を感じたら、眼科へ

上記のような病気が、背後に隠れているケースもあるので、たかが飛蚊症と軽視せず、目の違和感を覚えたらまずは眼科を受診するようにしましょう。

飛蚊症の改善策&予防法

<改善策>
飛蚊症は、生理的なものであればあまり有効な治療法はないとされていますが、点眼やバランスのよい食事、目を休ませることなどが有効になることもあります。いっぽう、網膜剥離といった重篤なケースでは、レーザー治療がすすめられます。
<予防法>
目を酷使しないことが大切です。テレビやスマートフォンなど使用しすぎないようにし、目に優しい環境を整えるようにしましょう。

医師からのアドバイス

生理的なものでは、加齢や目の酷使が原因となるため、中年以降の方や、パソコンなど普段からよく目を使われる方がなりやすいといえます。病的なものでは、外傷を受けられたり、糖尿病など基礎疾患がある人が多いです。飛蚊症について知り、症状のある場合は早めに受診しましょうね。