Doctors Me(ドクターズミー)- 湿布はNG?張り切った翌日の筋肉痛ケアとは?

写真拡大

普段は運動をしないのに、子どもの運動会などで張り切ってしまった翌日、筋肉痛に襲われて、起きるのもツラい……なんて経験はありませんか?そんな時、つい使いたくなるのが湿布ですが、果たしてそれは正しいケアなのでしょうか。

そもそも筋肉痛って何?

普段使わない筋肉を使って運動をすると、どうしても、筋肉に損傷が発生します。筋肉は細長い筋繊維でできているのですが、運動などで筋肉を酷使すると細かいレベルで断裂(切れる)してしまうのです。それにより炎症が起こると、血液中の白血球の働きなどで腫れ上がり、痛みと熱が発生します。ただ、日頃から鍛えている場合、多少運動をしても大した損傷は起こらないのですが、久しぶりの運動や普段とは異なる動きを伴うスポーツをした際に発生してしまうのです。

筋肉痛に襲われたら……

まずは、急性期の炎症を抑えることが重要です。そのためには冷やすことが有効。冷やすことによって、血流が抑えられ、血液細胞の動きを緩和。結果、炎症の抑制につながるわけです。
<痛みがひどい場合の対処法>
アイシングを2〜3日程度行った後、さらに暖めることが有効。筋肉が壊れると、自分の力で回復しようとするのですが、その際に温めてあげることで、筋肉細胞がより早く、そして強く回復することができます。この時に、湿布を取り入れることでより早く痛みが回復するでしょう。

最大のポイントは安静にすること

筋肉痛発生時に、もっとも大切なのが安静にすること。先に述べた通り、筋肉痛とは筋肉の損傷なので、そこをさらに刺激してしまうと損傷を悪化させ治りが遅くなることも。また、痛みをカバーしようと他の筋肉で動作をかばおうとするので、思わぬケガに繋がることもあるでしょう。

医師からのアドバイス

素早い回復を促すためにも、上記を参考に正しいケアを取り入れるようにしましょう。また、イザという時に体に強い負荷をかけないためにも日頃から適度な運動をしておくとよいでしょう。