誤操作キャンセルの画面。「電話窓口」のボタンを押すと強制的に電話がかかる
 アダルト違法請求の被害が急増している。平成27年度の消費者白書によると、相談件数は11万件で前年より3万件増え史上最悪となった。

 急増の理由の1つは、女性の被害者が増えていること。女性向けではBL漫画サイトや芸能人の動画サイトなどに、詐欺サイトの広告が出ている。「同人誌のダウンロードだと思ってクリックしたら20万円請求された」(東京都・32歳女性)「アイドルの動画サイトのはずがアダルトサイトになり、怖くなって12万円払った」(広島県・22歳女性)といった被害が出ている。女性はこの手のアダルト詐欺サイトに免疫がないために、驚いて払ってしまう人が多いようだ。

 スマートフォンの機能を利用する巧妙なしかけも被害増加の一因だ。ワンクリックで高額な請求画面を出すのに合わせて「カシャッ」とシャッター音を鳴らし、「顔写真を撮影した」として脅す手口もある。実際にはシャッター音を鳴らすだけで撮影はしていないのだが、被害者は驚いて払ってしまうことが多い。またポップアップ画面で電話をかける画面を出し、閉じることができなくして電話をかけさせる手口もある。

 消費者白書によれば被害者の約37%が50代以上と、高齢者の被害も多い。高齢者がよくダマされるのがキャンセルの手口。「誤操作でキャンセルできると書いてある電話に連絡したら、それ以降何度も払うように脅迫された」(東京都・62歳男性)「広告に『詐欺サイト相談』とあったので電話したら別のサイトから請求が来るようになった」(大阪府・58歳男性)と被害者に電話をかけさせて、後から違法請求を行う手口もある。

 また、最近では犯人が身元隠しのためにプリペイドカードを買わせる手口が急増しているので注意したい。いずれにしても、アダルト詐欺サイトの鉄則は「無視すること」。何があってもメールや電話はしないことが重要だ。

【アダルトワンクリック詐欺の新手口】

・シャッター音で脅す
請求画面でシャッター音を鳴らす。顔写真を撮影したと称して払うように脅迫(2015年3月)

・女性向けサイトの広告利用
BL系や男性アイドルサイトでのワンクリック詐欺増加。広告で誘導する(2015年6月)

・強制的に電話をかけさせる詐欺
高額請求表示後に、業者に電話をかけさせるポップアップ表示。閉じることができない(2015年3月)

・プリペイドカードで払わせる
架空請求の代金を、電子マネーのプリペイドカードで払わせる。身元隠しのためか(2015年7月逮捕)

・「ワンクリック相談サイト」詐欺
詐欺サイトの相談・返金をすると称して着手金などをだまし取る詐欺(2013年〜)

・「キャンセル・誤操作相談」
「誤操作した場合は下記へ」として電話をかけさせる手口。スマートフォンで多い(2010年〜)

【三上 洋氏】
セキュリティ・ネット事件・スマートフォンを専門とするITジャーナリスト。読売オンライン「サイバー護身術」連載。テレビ・ラジオでの解説多数