導入が進むタトゥー隠しシール

 温泉やプールなどでは長らく「入れ墨・タトゥーがあるお客様はお断りします」と利用を断るのが当たり前だったが、訪日観光客の激増にともない対応に変化が現れている。今年4月に総合リゾート運営会社の星野リゾートが、10月から配布する専用シールで隠せる場合に入浴を認めると発表した。この発表以来、タトゥーカバーシールやタトゥーカバーステッカー、ファンデーションシール等と呼ばれるタトゥー隠しシールが注目を集めている。

 肌と同じ色の粘着力が強い耐水性のシールでタトゥーを隠すシールは、輸入品も含めて複数種類ある。温泉やスパ、プールや海水浴場、スポーツクラブなどで使われている。そのうちのひとつ「タトゥーカバーAQUA」を企画販売している株式会社ALAEの担当者によると「今年の春先から、目に見えて問い合わせや取引が増えています」という。

「タトゥーカバーという商品は2011年に企画を始め、2013年1月から店舗販売をスタートしました。今ではドン.キホーテやヴィレッジヴァンガードの店頭にあります。きっと必要だと思われる施設へ営業をしても、以前はどこも反応が小さかった。最近では競合商品も増え、施設側から必要だといわれることが増えました。外国人観光客が増えたこと、星野リゾートがシールで対応して受け入れを始めると発表したのがきっかけですね」

 江戸時代に罪人のしるしとして使用され、反社会的団体に所属する人間の特徴だったこともあり、日本の温泉などでは入れ墨やタトゥーのある来場者を断ることでトラブルを未然に防ぐ対応をとってきた。しかし、2013年9月にニュージーランドの先住民の女性が民族の風習である刺青を理由に温泉での入浴を断られたことが波紋を広げた。そして、入れ墨は文化的背景によって様々な意味を持つ、という当たり前の議論がようやく始まった。

 外国人が日本を訪れるにあたり期待していたことを聞くと、「日本食を食べること」が69.0%と最も多いが、「温泉入浴」も28.7%にのぼる(観光庁「訪日外国人の消費動向 平成27年4-6月期報告書」調べ)。政府の観光立国政策によって訪日外国人数は2013年から過去最高を記録し続け、東京五輪が開催される2020年は2500万人超になる見込みを考えると、見逃せない規模のお客さんだ。タトゥーカバーが必要なのもうなずける。

 外国人受け入れを理由として導入が進むタトゥー隠しシールだが、ファッションとしてタトゥーを入れている日本人にもありがたい変化だ。背中に花のタトゥーを入れた30代の女性は、3歳の娘と一緒にプールを行くときシールを使っている。

「タトゥーを入れたこと自体は後悔していませんが、なるべく人には見せないようにしてきました。だから温泉とか我慢してきたけど、プールに行きたいと子どもに言われて、どうにかしたいと思ったんです。カバーシールを知ったときは嬉しかった。大丈夫とは思うんだけど、近くで見られるとバレるかもしれないと不安なので着替えやシャワーは壁ぎわですませています。でも、行けないことを思えばそのくらいの不便はなんともないです」

 日本でも若者を中心にワンポイントを含めると、入れ墨やタトゥーをファッションとして入れている人は増えている。だからといって、どこでもその肌を見せられるようにはならないので、タトゥーを隠すのはお互いを気づかう配慮のしるしともいえるだろう。

「年配の方や小さい子どもを連れた家族連れの方からは、入れ墨やタトゥーの肌が見えていると恐いでしょうし、少なくともさわやかな気持ちにはならないと思います。それに、タトゥーを入れている人に対するマナーが悪いイメージも強い。だからこそ、タトゥーを入れている人の側が、自分が楽しむためだけでなく、マナーとしてもカバーシールを使う意味があると思います」(前出・株式会社ALAE担当者)

 タトゥー隠しシールは温泉やプールなど、肌を見せる場所でのマナーとして定着するか。