鮮やかな水中花火と愛らしいペンギンたちの共演

写真拡大

東京のスカイツリーの直下にある「すみだ水族館」は、現在催し中の夏の2大イベント「ペンギン花火」と「ぬるにょろすい」を、好評につき2015年9月7日まで延長することを決めた。

「ペンギン花火」は、日本最大級の屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージした映像がプロジェクションマッピングで投影されるショープログラム。

「ぬるにょろすい」は、ニホンウナギ、フタユビアンフューマ、レッドスパイニーイールなど「ぬるぬる」「にょろにょろ」した生き物が集め、その姿や質感を観察できる展示。さらに、館内のペンギンカフェで販売中の「ぬるぬる納豆シェーク」や「にゅるっところ天」の限定メニューの販売も9月7日まで延長する。

料金は、2050円(大人)、1500円(高校生)、1000円(中・小学生)、600円(幼児3歳以上)。営業時間は9時から21時。