松本人志

写真拡大

28日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、松本人志が、ダウンタウンの今後について言及した。

この日は「お悩みハシゴ酒」と題した企画で、ダウンタウンのふたりと坂上忍が、お笑いトリオ・B21スペシャルの悩みを聞いていた。ダウンタウンとB21スペシャルは、26年ぶりの再会だそうで、話題は次第に今後の活動のことへと移っていった。

そこで坂上が、「ダウンタウンさんは(今後)どうするんですか?」「今、松本さんが『そろそろライブやってみようかな』みたいな(気持ちなのも)含めて」と尋ねる。

松本は以前、バナナマンのライブを見に行ったときに、「オレも久しぶりにやるか?いやいや考えさせてくれ〜」といった内容のツイートをしており、ダウンタウンがライブをやるかもしれないと話題になっていた。松本はこのことに触れると、漫才作りにあたっての悩みを語りだした。

松本によれば、昔は漫才が完成するまで、否が応でも劇場に出演していたとか。そこでアドリブを披露することにより、ネタが広がって1本の漫才になるのだそう。しかし、現在はそういった場がないため、躊躇しているようだ。

松本は「ホントは漫才1本完成させたいんやけど、そのためには駄作をいっぱい見せないと完成しない」「それをどうしようかなって、結構もう1年ぐらい前から考えてて…」と打ち明け、人前に出て何度も漫才を披露することの重要性を述べた。

なお、松本は漫才を完成させたいという意欲はある様子で、「出て行ってダラダラしゃべるだけやけど、1年後ぐらいにはもしかしたら10分ぐらいのネタが、スゴイいいのができてる可能性はあるから」と力説し、「それを記録として残していったらおもしろい」と語っている。

【関連記事】
松本人志が芸能リポーターの「ファンを代表して取材」との主張に猛反発
松本人志が日本の敗戦に言及 大型船や戦車の残骸を見て「悔しい」
松本人志 森昌子から態度やボケを注意される「一生やりません」