飲み物はお茶や水に限る?

写真拡大

砂糖の代わりに人工甘味料を使用しているダイエットソーダは低カロリーだが、ダイエットソーダを飲んでいる人は、まったく飲まない人に比べ腹囲が増加していたと、米テキサス大学ヘルスサイエンスセンターの研究者らが発表した。

研究はテキサス在住の65歳以上の高齢者749人を対象に、ダイエットソーダの消費量や身長、体重、腹囲などを、3年を1回の調査期間とし3回、計9年間かけて追跡調査した。基準値は調査を開始した1992〜96年とし、日々の運動量や喫煙習慣、糖尿病の有無といった条件の違いは補整している。

その結果、ダイエットソーダを毎日飲んでいる人は1回の調査で腹囲が3.04センチ、たまに飲む人でも1.76センチ増加していたのに対し、まったく飲まない人は0.77センチの増加にとどまっていた。研究者らは今回の研究はあくまでダイエットソーダと腹囲の関係を示すもので、ダイエットソーダやその成分が腹囲増加の原因かどうかは不明としている。

研究結果は米国老年医学会誌「Journal of the American Geriatrics Society」オンライン版に、2015年5月17日掲載された。

参考論文
Diet Soda Intake Is Associated with Long-Term Increases in Waist Circumference in a Biethnic Cohort of Older Adults: The San Antonio Longitudinal Study of Aging.
DOI:10.1111/jgs.13376 PMID:25780952

(Aging Style)