あべこうじ「全員ファイナルに行ったらいいのになぁ〜つって」

日本一のコント師を決めるキングオブコント2015。8月28日に赤坂BLITZで準決勝2日目が行われ、決勝進出者10組が決定した。


ファイナリスト発表!



「キングオブコント2015 ファイナリスト発表セレモニー」が行われたのは、全組が終了して約1時間後の同会場。さっきまで観客がいた席にセミファイナリストたちが座っている。総エントリー数は2455組。準決勝進出は68組。決勝まで残るはたった10組だ。


司会はあべこうじとTBS佐藤渚アナ。審査は難航したらしく、セレモニーは開始時間になってもなかなか始まらなかった。「もぅ〜審査が伸びて伸びて。これみんなのせいですよ!みんなが面白かったからですからね!ほ〜んと、たまんない」と、あべこうじがすまし顔で進行したところで、TBSの坂本義幸プロデューサーから決勝進出者が1組ずつ発表された。

◆さらば青春の光(4年連続4回目)
あべ「27時間的なところでいろいろあったけども」
森田「そうなんです!そうなんです!なんもしてない僕の方が嫌われているんです!」

フジ『27時間テレビ』の深夜企画「フジ縛霊」での鬼ヶ島との一件で、すっかり有名になってしまったさらば青春の光。4年連続のファイナル進出。そろそろ優勝をもぎ取りたいところ。

あべ「もぎ取るのであれば優勝?他の人の妻とかではなく?」
森田「もう、もうなんでもいいです!なんでももう!売れる思ったらまた寝とってもらえば!」

◆うしろシティ(2年ぶり3回目)


名前が呼ばれた途端、客席から「キャ〜」と悲鳴が漏れたうしろシティ。2013年出場以来の返り咲き。金子は準決勝は手応えがあったので、名前が呼ばれるかも?と思ったという。

金子「今日何を着て行こうか迷って、でもいい服を着すぎると、その意識の高さがバレるから、意識して普段着を選びました」
あべ「あの……結構嫌われるタイプだ?」

「気合入ってました」「絶対負けない2本があるんで」「優勝します!」と熱く決意を語る金子を、「じゃカメラに向かって絶対優勝するぞ的なやつを」「はい、どっか使えると思うんで」と、あべが軽くいなす。

◆アキナ(2年連続2回目)
「5分5分の気持ちでした」「仏さんにも神さんにもお願いしました」と山名。できることは全部やろうと、邪気を振り払うところまでいった。

山名「ツイッターで稲川淳二さんが『つぶやき怪談』ってのされてるんですけど、フォロー外したんですよ」
あべ「それがいいほうに?」
山名「それがいいほうに出たと思ってます。絶対に優勝します!」
あべ「おめでとうございます!(山名のTシャツを指さし)パイナップルだね!」

◆ロッチ(5年ぶり3回め)
中岡は海外ロケのため、壇上に上がったのはコカドのみ。決勝進出は5年ぶりとなるロッチ。

あべ「コント作られて長いですよね。会心の一撃をこの決勝に向けて出していこうと」
コカド「いやぁーそうですね、できるだけ新しく作ったコントをやりたいと思ってますんで」
あべ「決勝の舞台も挑戦だと。自分たちには」
コカド「もちろん、はい。新しいロッチを……あぁぁよかったぁぁぁ〜いやぁぁぁ〜」

◆藤崎マーケット(初出場)
ファイナル進出は初となる藤崎マーケット。関西での仕事のため、壇上にはマネージャーが代理で登場。

あべ「昨日の藤崎のネタ見られました?」
マネ「……はい」
あべ「あのー、ね、あそこの箇所面白かったですよね。ちょっとどんな感じだったかを……」
マネ「(腕を上下に動かす)」
あべ「ラララライ!?ラララライやってた!?」

◆THE GEESE(7年ぶり2回め)


2008年のキングオブコント第1回以来の決勝進出。自分たちの名前が呼ばれた瞬間、椅子から立ち上がり抱き合って喜ぶ2人。転がるように壇上へ。「よかったぁ!」「ホントうれしい!」とマイクも持たずに身悶える。

高佐「2008年に1回出してもらって、それで、出られた方がみんな2回3回(決勝に)行って、僕らだけ行ってなかったんです、ずっと、だったんで!」
尾関「うぁ〜」
あべ「でも毎年マジで11位くらいのところにいましたからねギースは」
尾関「あぁぁ〜」

自分にマイクが向いているかいないかも意識できないほど嬉しがるギース。うっかりマイクを持ったまま退場してしまっていた。

◆巨匠(2年連続2回目)
昨年に続く決勝進出となった巨匠。「人権を復活する、1年に1度のチャンスだと思ってるんで!」と岡野。

あべ「そんなことないでしょ!この1年間、決勝上がってからの人権といったらなかったでしょ!?」
岡野「や、多少、数ヶ月は復活しましたが、また……戻ってしまい。まだまだ、遠いんで。人間、への道は。」
あべ「今年はハードルも上がってるし、そういう意味では考えて挑んだってのはあるんですか」
岡野「そうですね、いや、でも、やっぱりこの、10分の1で、えぇ、1000万円がもらえるチャンス、ギャンブルってのはもう無いと思うんで、僕はもう、精一杯頑張りたいなと」
あべ「カイジの世界だよね」

◆バンビーノ(2年連続2回目)
昨年「ダンソン!」で強烈なインパクトを残したバンビーノ。2年連続2回目の決勝進出。本人欠席のためマネージャーが登壇。

あべ「ダンソンがね、席巻しましたよ世の中を。そんな中、また新たなページを開かないといけないバンビーノ。いかがでしょう」
マネ「面白かったです」
あべ「……そうですね。やっぱいろんなタイプのネタがあるなかで、今回のネタを選んだというのは」
マネ「今年も、あの、ダンソンで行ければなと……」
あべ「よしもと勢、見といて」

◆ジャングルポケット(初出場)
初出場のジャングルポケット。この日の準決勝に出演していたが、沼津のライブに向かったため欠席に。

あべ「3人にもこの喜び伝えていただいてよろしいですか」
マネ「はい」
あべ「3人分いますから。いちおう、3個くらいヤッターってのほしいですね」
マネ「はい」
あべ「竹山」
マネ「ヤッター」
あべ「太田」
マネ「ヤッターー」
あべ「斉藤」
マネ「ヤッターーー」
あべ「ありがとうございます!」

あべ「うーわ、ってことは、あと1組!?マジでわからん。これマジでわからん」

◆コロコロチキチキペッパーズ(初出場)


今回のダークホースとなったコロコロチキチキペッパーズ。あべの「どうですか、正直やばい?」のフリに、持ちギャグの「ヤっベェぞッ」で返すナダル。

あべ「何年目だっけ?」
ナダル「5年目です」
あべ「5年目」
ナダル「結成4年目で芸歴5年目になります。」
あべ「そんなキッチリ言ってくれなくてもよかったですけども」

「あの、昨日母親が来て、親戚も久しぶりに集まって……」といきなり昨日を振り返るナダル。突然のことにコメントもふわふわ。

西野「決勝……決勝行くぞー、どやー!」
ナダル「決勝行くぞー、どやー!」
あべ「あの、もう行ったのよ。決勝」

みなさま、おつかれちゃぁ〜ん


ファイナリスト10組が決まり、セレモニーはこれにて終了。

あべ「いつもザブングルの『くやしいです!』で締めてもらうんですけど、今回まさかザブングルが準決勝にいないという……」

そこで代わりに指名したのが、セミファイナリストの席にいた、インスタントジョンソン・ゆうぞう。

「ただいま、ご紹介にあずかりました。太田プロダクション、インスタントジョンソンゆうぞうでございます。僭越ながら、ご挨拶申し上げます」

「惜しくも、惜しくも、準決勝で敗退されたみなさま……」

「おぉぉつかれちゃぁぁ〜〜〜〜ん!!」


『キングオブコント2015』の決勝戦は10月11日(日)、TBS系列のゴールデンタイムで生放送される。

(井上マサキ)