<ザ・バークレイズ 2日目◇28日◇プレインフィールド・カントリークラブ(7,012ヤード・パー70)>
 米国男子ツアープレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」の2日目。初日を1アンダー32位タイで終えた松山英樹は4バーディ・3ボギーの“69”でスコアを1つ伸ばし、トータル2アンダー24位タイに浮上。2アンダー18位タイの好位置から出た石川遼は、2バーディ・6ボギーの“74”とスコアを落としトータル2オーバー64位タイでフィニッシュした。
まさに今!石川遼、松山英樹の写真を毎日更新!PGAフォトギャラリー
 この日はINから出た松山は12番でバーディを奪うと、14番をボギーとしたものの、15番、17番とバーディとしスコアを伸ばしてハーフターン。後半は1番でボギー、6番バーディのあと7番でボギーと落としたものの上位をうかがう位置で予選ラウンド2日間を終えている。
 一方の石川は2番でボギーが先行すると、前半だけで3つスコアを落とす乱調。後半も11番、14番でボギー。15番、17番のバーディで踏みとどまったものの、初日の上位から脱落して2日目を終えた。64位タイと決勝ラウンドには踏みとどまったものの、プレーオフシリーズ生き残りへ巻き返しが求められる。
【2日目の順位】
1位:バッバ・ワトソン(-7)
2位T:トニー・フィナウ(-6)
2位T:ヘンリック・ステンソン(-6)
2位T:ザック・ジョンソン(-6)
2位T:ジェイソン・ダフナー(-6)
6位T:ジェイソン・ボーン(-5)
6位T:カミロ・ビジェガス(-5)
24位T:松山英樹(-2)他
64位T:石川遼(+2)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>