大好きだった元彼と復縁できる! 恋のリベンジ術とは?

写真拡大

「今思い返すと、昔付き合っていた彼がいちばんよかった」とか「前の彼ともう一回付き合ったらうまくいくだろうな」…なんて、元彼に思いを馳せることって、ない? 

恋愛コーチの立川ルリ子さんは、「一般的には、復縁するのはむずかしいと言われていますが、ポイントを押さえれば、元さやに戻ることも可能です」と言う。

まず、彼との再会は、あくまで“自然”を装うのが鉄則。復縁が目的なことが透けてみえないように、同窓会や飲み会を企画して、出席してもらうようにしよう。よりを戻すためのポイントは次のとおり。

ポイント1 新しい私を演出する
自分にとって元彼は素敵な思い出の相手だったとしても、元彼の思い出の中にいる自分は“うまくいかなくて別れてしまった女性”。彼とやり直したいと願うなら、今までとは違う関係になる可能性を示す必要がある。特に外見のイメージをガラリと変えると、“時間が経って、変わった自分”をわかりやすく演出できる。例えば、付き合っているときに髪がロングだったのなら、ショートやボブに変えたり、洋服もスイート系からクール系にするのもいい。また、キャラクターイメージも変えられればベター。昔は照れ屋だったのに、今はハキハキと話すなどでもOK。別人になった今の私を印象づけて彼の心の中にいる、過去の私のイメージを払しょくして。

ポイント2 思い出話は話題にしない
せっかく外見やキャラクターイメージが変わっても、過去の話をしてしまうと、その頃の思い出を想起させてしまう。ただし「昔と比べて、今の○○くんはステキになったね」といった褒め発言はOK。彼の今の仕事の話、趣味の話、好きなものの話などを聞いて、盛り上がろう。また、自分の話は、彼が興味を持って聞いてきたことだけ話すようにして。そして、話が盛り上がってきたら、今彼女がいるか、結婚しているかの確認を。タイミングを逃すと聞きにくくなるので、軽いノリで聞くのがおすすめ。

彼に会って“やり直したいな”と思ったら即行動を。成長したお互いを認め合い、新しい2人で再スタートできそうなら、復縁はうまくいくはず。

立川ルリ子
恋愛コーチ。25歳よりラウンジを経営、のべ200人以上の接客業の女性たちをコーチングの技術で魅力的に育て上げる。その後ネイルサロン経営に転身。施術中に恋愛相談をすると「必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題になり、恋愛カウンセリングが人気に。2011年より定期的に恋愛セミナーを開催。10年で7万人という顧客データをもとにしたアドバイスには定評がある。近著は『「この女に愛されたい」と思われる“彼女”になる方法』(大和出版)、『気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、どんな彼でも自然とあなたに恋する本』(SBクリエイティブ)。女性の恋の悩みを解決する日本最大級のサイト「恋愛ユニバーシティ」にてコラムを執筆中。