味の梅ばちの「米沢牛焼肉弁当」(1500円)。米沢牛バラ肉がご飯の上に豪快に乗っている

写真拡大

大丸東京店のB1F食品ほっぺタウンでは、8月29日(土)の“焼肉の日”に合わせ、9月1日(火)まで「焼肉の日弁当フェア」を開催する。

【写真を見る】たいめいけん「ハムカツ弁当」(1500円)は、サクサクの衣と肉厚なハムが食べ応え抜群

焼きたての肉が味わえる100種類の弁当を集めた10店舗のコーナー「お肉の細道」で、各店自慢の様々な“肉弁当”が登場。

味の梅ばち「米沢牛焼肉弁当」(1500円)は、肉がご飯の上に豪快に乗った一品。米沢牛の豊かな風味を贅沢に堪能できる焼肉弁当だ。

たいめいけん「ハムカツ弁当」(1500円)は、バターライスの上のハムカツに特製デミグラスソースをかけた、洋食屋のこだわりが詰まった弁当で、肉厚のハムカツは食べ応え抜群。

ほかにも、塩味でさっぱりと食べられるから揚げを使用した、たまひで からっ鳥「和みカラット弁当」(950円)や、1頭から6枚しかとれない貴重な牛タンを用いた、牛たんかねざき「厚切り牛たんステーキねぎ塩ダレ」(1680円)などが登場。

大丸東京店のスタミナ弁当で、残暑を乗り切ろう!【東京ウォーカー】