写真提供:マイナビニュース

写真拡大

8月22日〜23日の2日間にわたって千葉県・幕張メッセで開催された「C3×HOBBY キャラホビ2015」のバンダイブースにて、バンダイが展開するアクションフィギュアシリーズ「ROBOT魂」の新商品が展示された。

「ROBOT魂」シリーズでは、2014年10月〜2015年3月にTOKYO MXほかにて放送されたTVアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』に登場する可変式ロボットを続々と立体化。すでに『ROBOT魂ヴィルキス』(現在発売中)、『ROBOT魂焔龍號』(2015年11月発売予定)、『ROBOT魂ヒステリカ』(現在「プレミアムバンダイ」で予約受付中/2016年1月発送予定)がすでに発表されている。

今回の「キャラホビ」ではこの3機に加え、新たに『ROBOT魂テオドーラ(ミカエルモード)』(2016年2月発売予定)、『ROBOT魂クレオパトラ<アリエル・モード>』(参考出品)を展示。2商品ともに彩色済みサンプルであり、ファンの注目を集めていた。なお、現在「プレミアムバンダイ」では『ROBOT魂ヒステリカ』が現在予約受付中。