サラリーマンだったらお酒の席も付き合いのうち。とは言っても飲み会の回数が増えれば、やはり気になるのは健康のこと。アルコールの飲み過ぎは中性脂肪やコレステロールを増加させてしまいます。ここでは、ストレスの解消といったプラスの作用もあるアルコールを、できるだけ健康的に飲む方法をご紹介します。

アルコールを飲む前におつまみを食べる

すきっ腹でアルコールを飲んでしまうと腸で吸収されるスピードが速く、血中のアルコール濃度が急激に上昇してしまいます。それを避けるために、飲む前におつまみを食べる習慣を身に付けましょう。大豆製品やヒジキなどの海藻類は食物繊維が多く、腸でのアルコールの吸収を遅らせる効果があります。かんきつ類や梅干し、酢の物など酢酸を含む食べ物も、アルコールを分解する作用があるので効果的です。

飲み始めはロースピードで飲んで

空腹かつ乾いたノドにゴクゴクと一気飲みしたいところですが、これも危険。アルコールが腸から吸収されて、心地よい酔いを感じるまで30分程度かかると言われています。その前にハイスピードで飲んでしまうと飲み過ぎてしまうことに。初めのうちこそちびちびと飲む習慣を身に付けましょう。酔っていることが感じられれば、アルコールの量も少なめで満足できます。飲み過ぎで悪酔いしないためにも、おつまみをつまみながら、ゆっくりと飲むようにしましょう。

飲んだ後の締めには玄米や雑穀米がおススメ

ほどほどに飲んだら、空腹感を満たすためにご飯を食べましょう。肝臓をいたわる栄養素は、ビタミンやポリフェノール、亜鉛やミネラルなどです。白米よりもビタミンやミネラルが多い玄米や雑穀米がおススメです。もちろん、おつまみも意識してミネラルやたんぱく質が多いものをチョイスしましょう。最後にご飯を食べることで、お腹が落ち着き、もっと飲みたいという気持ちを和らげることができます。

いかがでしたか?適度なアルコールは、ストレス解消に効果的ですが、飲み過ぎは体を痛める原因に。特に中性脂肪やコレステロールの値が高めの方は、健康的なお酒の飲み方を意識して、アルコールを楽しみましょう。


writer:岩田かほり