写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、GNSS受信機の生産テストの効率を上げ、試験時間の短縮を可能とするR&S SMBV100AベースのGNSSテスタ「R&S SMBV-P101」を8月24日に発売した。

同製品は、生産テストで用いられているL1/E1バンドのGPS、GLONASS、BeiDouおよびGalileoナビゲーション規格の衛星をシミュレートすることが可能。衛星間の相対パワーを最大34dBのダイナミックレンジに設定し、最大4つの衛星を個別にリアルタイムでシミュレートすることができるほか、衛星間の相対パワーを変えることで、信号出力を中断させることなく各システムの感度テストを平行して実行することができる。

また、1PPSまたは10PPSのGNSSマーカーは、シミュレータとDUT(Device Under Test)との間の正確な時刻同期を可能とするほか、GNSS受信機の能力を確認するための事前定義およびユーザー定義のムーブメント・プロファイルを設定し、自動的に必要なドップラープロファイルに対応する衛星信号を生成することもできる。さらに、基本的なテストや干渉をシミュレートするために用いる、高純度かつ高安定のCW信号を出力することも可能だ。

なおオプションとして、GNSSチップセット、モジュールの評価を効率的に行えるテスト機能が提供され、生産テストにおける評価時間の短縮、コスト効率の向上を可能にするという。