Doctors Me(ドクターズミー)- 《告白》川本真琴 過去にパニック症を患っていた

写真拡大

パニック症を患い、1年家から出られなかったことも…。

シンガー・ソングライターの川本真琴さん(41)が、自身のツイッターにて、過去にパニック症になっていたことを告白していました。(詳細)

16年程前にパニック症になり、家からあまり出られない、ご飯が食べられない、緊張する、辛くなる、などの症状があったようです。現在は、以前よりも全然治っている、と続けて綴っていました。

ところで、川本真琴さんが患った、「パニック症(パニック障害)」とはどんな症状なのでしょうか?
詳しくみてみましょう。

パニック障害とは?

突然激しい恐怖感や不快感に見舞われる病気のことです。
身体的症状として、下記などが挙げられます。

・心拍数が増える
・発汗や震え
・息が詰まるような苦しさや胸の痛み
・吐き気や目眩

精神的には、死への恐怖感、常軌を逸脱してしまうのではないかという恐怖、非現実感や自己分離感などを感じます。一度起きると発作が起こることに不安を感じ、自律神経にも影響を及ぼしてしまいます。

原因として、何が考えられるのか?

完全には分かっていません。以前は心因性によるものではないかとされていましたが、近年では脳内不安神経機構の異常が原因ではないかと考えられています。
つまり脳の中の無数のニューロンと呼ばれる神経細胞間の情報を伝達する働きのレセプターの異常によるものなのでは、と考えられます。

異常をきたす原因は、下記などが挙げられます。

・何らかのストレス
・低血糖
・アルコールやカフェイン
・睡眠不足
・疲労

食生活の乱れはインシュリンの量に影響すると考えられ、一部の咳止め薬、経口避妊薬、覚醒剤なども誘発原因になるとも言われています。

予防法と治療法

予防法として、下記などが挙げられます。

・睡眠をしっかりとる
・規則正しい生活

食生活や日常生活を見直し、栄養バランスのとれた食事を摂ることや、喫煙やアルコール、カフェインの摂取量などを見直してみると良いでしょう。
パニック障害が起きてしまった場合は、早めの受診で早期治療を心がけてください。

また、下記からパニック障害のセルフチェックもできます。ぜひやってみてくださいね。

関連記事:パニック障害、セルフチェックリスト!