写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立ソリューションズは8月27日、「JINS」を運営するジェイアイエヌの子会社でレディス雑貨を販売するブランドニューデイに、マイクロソフトのERP製品「Microsoft Dynamics AX」と「Microsoft Dynamics AX」流通小売業向けソリューションを導入したと発表した。同社によると、Dynamics AX流通小売業向けソリューションの導入は国内初とのこと。

バッグやアクセサリなどのレディス雑貨を取り扱う「HITCH HIKE」「HITCH HIKE MARKET」「Cours de Couleur」を運営するブランドニューデイはこれまで、本社での基幹システムと店舗で利用するPOSシステムを別システムで運用し、店舗データをバッチ処理で本社に送信していたため、リアルタイムなデータの把握や業務変更があった際の各種設定変更などの運用負荷に課題があった。これを受けジェイアイエヌは、日立ソリューションズのDynamics AX流通小売業向けソリューションの柔軟性と拡張性に着目し、ブランドニューデイに導入することを決定した。

新システムは、本社の基幹システムと日本国内26店舗のPOSシステムとして、2015年7月から運用を開始。これによりブランドニューデイは、各店舗における売上・在庫状況をリアルタイムに把握し、即時集計が可能となるため、業務効率向上を実現したという。

また、同システムにより、本社がPOS画面やレシートなどのレイアウトを定義し、各店舗へのスピーディーな反映が可能に。各店舗が独自に行うセールなども想定し、店舗ごとに柔軟にレイアウトを設定することもできる。さらに、これまで基幹システムとPOSシステムを繋ぐために構築していたインタフェースが不要になり、業務変更などに対するシステムの設定などの運用負荷が軽減すると共に、運用・保守費用を含めたトータルコストの低減を実現したとしている。

(山本善之介)