Doctors Me(ドクターズミー)- 汗がしょっぱい!これってなぜ?

写真拡大

汗をかいた時、ご自分の腕や手などをなめてみたことはありませんか?激しいスポーツをしている人などは口の中に汗が流れ込むこともあるかもしれませんね。そのとき、誰もが「しょっぱい」と感じるでしょう。ではなぜ、汗はしょっぱいのか。知っているようで知らない、この“体の不思議”について医師に伺いました。

汗の味は、塩の味

汗は、そのほとんどが水分でできています。割合としては9割9分以上が水分です。ただ、運動や暑さなどで汗が汗腺と呼ばれるヒフの表面にある分泌腺から分泌されるとき、その中にはほんのわずかではありますが塩分や体の老廃物などが含まれています。
それでも、普段気付かずにかいている汗や、じわっとゆっくりかく汗では、汗腺の中を通るときに塩分が失われ、日常生活ではヒフの表面をなめてもしょっぱく感じることはほとんどありませんよね。でも、特に夏場など、屋外で激しいスポーツをしたり、炎天下で長距離を歩き回ったりして、滴り落ちるほどかくタイプの汗では、汗腺の中を塩分が失われることがないまま通過するため、非常にしょっぱく、時によっては日差しで急速に汗が乾くとヒフの表面に白く塩を吹いたような状態になることすらありますね。

汗と尿の成分は近かった!

汗に含まれる成分としては塩分以外に、乳酸や尿素なども少しずつ含まれています。これらは人間の尿にも含まれるもので、汗と尿はある意味で非常に近いとも言えるかもしれません。

汗をたくさんかいたらミネラル補給を忘れずに!

以上のことから、汗をかくと塩分なども一緒に体外に出てしまいますから、塩分、ミネラルの補給も忘れないようにしましょうね。熱中症の予防のためにも汗をたくさんかいたら、たっぷりの水分とともに、塩分補給をして残りの夏を乗り切りましょう。

医師からのアドバイス

特に夏場は、何もしなくともたくさんの汗をかく季節です。普段はエアコンが苦手な方でも、猛暑時には熱中症にならないように室温を調節し、無理せず過ごしましょう。