「黄金マンガ肉カフェ」の名誉店長に就任した森三中の村上知子さん(右)と黒沢かずこさん

写真拡大

エバラ食品は、8月29日の「焼肉の日」に合わせ、2015年8月27日、都内に「黄金マンガ肉カフェ」を期間限定でオープンし、お笑いトリオ・森三中の村上知子さん(35)と黒沢かずこさん(36)が名誉店長に就任してお披露目のイベントを行った。同カフェは、マンガに出てくるような骨付き肉をエバラの焼肉のタレ「黄金の味」で味付けした"黄金マンガ肉"を食べられるスポットで、"料理上手"の村上さんと、"肉食女子"の黒沢さんが、イメージにピッタリだとして、名誉店長に選ばれた。営業は8月31日まで。

カフェ先着29人に29円で提供する特別イベントも

村上さんと黒沢さんはヒョウ柄の衣装に骨のアクセサリーを合わせた"オシャレ原始人ファッション"で登場。巨大なマンガ肉を両手で持ち、豪快にガブリと試食すると、目を見開いて「んー!おいしい!」「現実に食べられるなんて夢のよう」。黒沢さんは「私は顎(がく)関節症だけど、これは食べられる」と柔らかさに感動し、村上さんは「5個くらいいける」とペロリ。試食の時間が終わり、司会者が次の話題に進もうとしても、2人は構わず夢中で頬張っていた。

なお、「黄金マンガ肉カフェ」は、東京・恵比寿の「CAFE PARK(カフェパーク)」内でオープン。28日〜30日のランチタイム(午前11時30分〜午後4時)には「にく」に合わせて、先着29人に通常1000円の同メニューを29円で提供する。破格の安さに村上さんと黒沢さんは「奮発しましたね!」と驚愕していた。

また、エバラ食品のウェブサイトでは家庭でも手軽に作れる「黄金マンガ肉」レシピが紹介されていることに触れながら、村上さんは「予想より柔らかい。おじいちゃん、おばあちゃん、子どもにも食べやすくて、みんなで盛り上がれる。パーティーにも良い」とオススメ。黒沢さんも「ぜひ作ってみてほしい」としたうえで、歌とダンスで「やってみてね!やってみてね!やってみてね!」と猛烈アピール。エバラのマーケティング担当者に「やってください」と水を向けると予想外に(!?)見事にダンス。これには黒沢さんも「サラリーマンの根性はすごい」と驚き、会場は笑いに包まれた。発表会では、28日から森三中が出演するスペシャル動画が公開されることも発表された。

サイト上で公開されているエバラ食品オリジナルの"黄金マンガ肉"は、骨付き鶏肉を牛の切り落とし肉と薄切り肉で巻き込んだもの。一つのかたまり肉ではないので柔らかく、その一方で何層にも分かれていて独特の食感を味わえるという。内側までジューシーな肉汁とタレの旨味がしっかりと詰まっている。黄金マンガ肉カフェ、家庭用レシピの詳細はウェブサイトで。