写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックソリューションテクノロジーは8月28日、ヒトやモノの動線分析を手軽に体感できるビーコンを用いた「動線分析お試しキット」の提供を開始したと発表した。

同キットは、最大16個のBluetooth Low Energy(BLE)を搭載したビーコンを店舗などに設置し、スマートフォンやゲートウェイを介して所定のWebサイトにアクセスすることで、受信したビーコンの受信情報を、リアルタイムで調べたり、1日の動線を確認したりすることを可能にするもの。ほぼ同等の機能を有したソリューションがすでに展開されているが、これは、それを1カ月の単位で利用することで、実用的かどうかや、どういった情報を得られるかを調べることを可能としたもの。

ビーコン移動型/所在管理目的の「タイプA」とビーコン固定型/動線分析目的の「タイプB」の2タイプが用意されており、価格はタイプAが19万8000円(税別)、タイプBが39万8000円(同)となっている。

なお同社では、活用例として、オフィスでの在席管理・経営資産の有効活用、大型店舗・商業施設での業務効率化と売り上げアップ、工場・倉庫などでの作業効率化と管理・運用強化、介護施設などの集合施設でのサービス向上などを挙げている。