「LTEユビキタスプラン」の概要

写真拡大 (全2枚)

 NTTドコモは27日、IoTでの利用に特化した「LTEユビキタスプラン」を発表した。9月1日より提供を開始する。

 ドコモは従来より、自動販売機、エネルギー機器、小型情報端末などでのに特化した「FOMAユビキタスプラン」を、M2M領域向けに2005年から提供していた。今回、定額制の導入などの要望を踏まえ、あらたに「LTEユビキタスプラン」を設定する。

 「LTEユビキタスプラン」は、2段階定額型と完全定額のフラット型の2種で提供。「LTEユビキタスモジュール」(2016年発売予定)や、各モジュールメーカーが提供するLTE対応通信モジュールでの利用が可能。映像遠隔監視や産業機器および医療機器監視など、高速・大容量の通信を必要とする場合は、オプションプランも提供する。