第1子女児が誕生した(左から)ビビる大木・AKINA夫妻 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 タレントのビビる大木(40)が28日、MCを務める日本テレビ系『PON!』(月〜金 前10:25)に電話出演し、妻で歌手のAKINA(30)が、きのう27日の昼ごろに第1子女児を出産したことを生報告した。

【写真】ビビる大木、第1子愛娘との2ショット公開

 木曜と金曜は、ますだおかだの岡田圭右がMCを務めるため、この日電話出演となった大木。出産日は「きのうです。お昼すぎに、女の子がベビーが誕生しました。いやーすみません。そんなめでたい日に(大ファンの)巨人が負けました。どうなっているんだ」と冗談を交え報告。AKB48の小嶋陽菜、あべこうじ、ヒャダインら金曜メンバーからの祝福には「ありがとうございます」と感謝した。

 出産後の妻のAKINAの様子については「体力を使い切ってずっと横になってます」と伝え、陣痛の際には、AKINAがメンバーだったFolder5の楽曲を流すと「そういうこと、止めてくれない」と怒られるというエピソードも紹介。「気遣いって難しいですね〜」と反省していた。

 また、岡田からパパの感想を求めらると「抱っこしたときに、これが命の重みかと思いましたね」と、喜びをかみしめていた。

 二人は2012年7月に熱愛が発覚し、翌13年4月に入籍。結婚のきっかけは、AKINAからの逆プロポーズで、場所は米ニューヨークの図書館だったと大木が明かしていた。今年4月にはAKINAがブログで妊娠を発表。大木も『PON!』で「うちのワイフが無事に安定期に、妊娠しまして、ありがとうございます」と喜びを語っていた。