肩まわしならぬ「腕まわし」が肩こりに劇的に効くというのでやってみた!

写真拡大

 いま、とっても簡単にできる「腕まわし体操」が、肩こりに劇的に効くと話題になっています。

 肩がこったときに多くの人がやる動作といえば、ひじを曲げて、左右同時に肩を中心に腕をぐるぐるまわす「肩まわし」ですが、この動きではこりが解消されたようなされないような、なんとも中途半端な効果しか得られません。

 しかし、今回話題になっている「腕まわし」なら、わずか30秒行うだけで、面白いくらいに肩こりが解消されるというのです。

 やり方は簡単。いつもの腕まわしを「左右逆回転」で行うんです。

 たとえば右腕を前方に回転させるのであれば、左腕は後方に回転させます。最初はややこしくなってやりにくいけど、慣れてくると簡単にできるようになります。むずかしい場合には、左右で腕の高さに差をつけるとやりやすいかも。

 およそ30秒もまわせば、肩のまわりがなんだかしっかりとほぐれた感覚になって、肩がミョーに軽くなったことに気づくでしょう。

 普通の腕まわしと異なり、左右逆回転させることによって肩甲骨が刺激され、より高い肩こり解消効果を得られるというこの「肩まわし」。試しにやってみたらその効果にびっくり。きっとあなたもスッキリしますよ!