Doctors Me(ドクターズミー)- 教えて! 悩み多き“混合肌”の正しいスキンケアとは?

写真拡大

「色の白いは七難隠す」という言葉がありますね。現代では価値観が多様化して、色白の肌も素敵だけれど、小麦色の日焼けした肌もそれに劣らず素敵、という考え方が広まっています。どちらにしてもトラブルのない、すべすべした健康な肌であることは、何より重要なポイントですね。

今回は、悩み多い肌質の代表格ともいえる“混合肌”のスキンケアについて、医師に聞いてみました。

“混合肌”とは?

混合肌とは、顔の部位によって肌質の異なる肌のことです。
代表的なのは、額と鼻筋のTゾーンはオイリーでテカテカするのに、ほかの部分は乾燥してカサカサする、といったタイプの肌です。また、Tゾーンはテカるけれどもほかは普通肌、もしくは一部だけ乾燥肌など、いろいろなタイプがあります。

また、あごのラインが乾燥して、些細な刺激によりニキビなどができてしまうUゾーンも悩ましいですね。

顔の部分別にお手入れを!

混合肌のお手入れのポイントとしては、少し手間や費用はかかりますが、スキンケア用品を顔の部分別に使用することです。
例えば、Tゾーンにはオイリー肌用のさらっとした化粧水や乳液を、乾燥する部分にはしっとりタイプの化粧水とクリームを使うといった具合です。自分の肌をしっかり把握してその肌質にあったケアを行うことで、トラブルの少ない、滑らかな肌をつくることができるでしょう。

費用や手間の面でどうしても難しいという人は、乾燥している部分がもっともトラブルが起こりやすいことに注目してみましょう。顔のどこかが乾燥肌に該当するようであれば、その部分を中心に考えて、顔全体に潤いを補給するタイプのスキンケア用品を使用するといいですね。